FLEXY FLEXY

無料登録

Python PROJECTS

募集中 【Python/Django】エリアマーケティング基本分析システム開発支援(リモート併用可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日新宿御苑前
報酬:〜65万円/月

弊社重要顧客サービス主軸であるエリアマーケティングDXを支える基本分析システム開発を担当頂きます。

<工程>
設計~テスト
※新規開発でなく現行追加や刷新の想定

■募集背景
人員不足のため。

※働き方...続きを読む

募集中 【Python】デジタル技術を活用した水処理インフラの確立を目指す企業でアルゴリズムエンジニア支援(リモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:その他エンジニア
稼働日数:週3〜5日新宿御苑前
報酬:〜80万円/月

当社では以下のプロダクト開発を行っており、このプロダクト開発をリードしていただくアルゴリズムエンジニアを募集しています。

・社会インフラ分野で活躍するプラントエンジニアの専門家と一緒に、ゼロイチのプ...続きを読む

募集中 【Go/Kotlin/Java/Ruby/Python/GCP/AWS/MySQL】フリマアプリを運営する企業で機能開発・システム改善支援(フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日渋谷
報酬:〜120万円/月

サービスの急成長に伴って事業的にやりたい機能開発がたくさんあります。機能開発スピードの向上に中長期的に寄与するであろうシステム改善においてもやりたいことがたくさんあり、これらの機能開発やシステム改善を...続きを読む

募集中 【Python】債権システムのバックエンド開発支援(フルリモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日品川
報酬:〜60万円/月

投資信託の運用業務
分析業務等に関わる社内ツール開発設計、コーディング、サーバサイドAPI(Pythonで構築)又はバッチ処理のバックエンドをご対応いただきます。

<工程>:設計~保守運用

■募集背景
人員不...続きを読む

募集中 【Python/AWS/Azure】大手製造企業で社内向け生成AI活用ツールのフルスタック開発支援(フルリモート・フルフレックス)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア、インフラエンジニア
稼働日数:週2〜3日初台
報酬:〜60万円/月

社内向けの生成AI活用ツールの開発支援を実施いただきます。
直近で考えられている機能は下記です。

・画像生成
・ファイルをアップロードして解析
・画像解析
・プロンプトのシェア

■募集背景
社内向け...続きを読む

募集中 【Python/Ruby on Rails】1on1ツールの開発・運用を行う企業でフルスタック開発支援(リモート併用可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週4〜5日外苑前
報酬:〜80万円/月

・ピープルマネジメントSaaSの開発・運用
1対1のコミュニケーション(1on1)を支えるSaaSプロダクトです。
プロダクトは大手企業から中小規模企業まで広く導入されています。今後はバックエンドをRuby on Railsか...続きを読む

募集中 【Python】AIプロダクトを複数提供する企業でPoCエンジニア支援(週1日程度出社)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:その他エンジニア
稼働日数:週3〜5日六本木
報酬:〜120万円/月

AI Solutions事業部におけるPoCエンジニアとして、顧客向けにノーコードでエージェントを作成できるプラットフォームのプロトタイプを作って頂きます。
一部、顧客折衝をご対応頂く可能性もございます。
フィージ...続きを読む

もっと見る

Pythonとは?

Python(パイソン)は、汎用的に使えることで広く利用されているプログラミング言語です。1990年代から公開され、WebアプリケーションやAIなどを中心として、幅広い分野において開発が可能です。InstagramやYouTube、Meta(旧Facebook)、Dropboxなど、世界的に利用者が多いWebサービスも、Pythonを活用して作られています。具体的に、Pythonでできる作業には、以下の内容が挙げられます。
・データの自動処理や分析などの業務効率化
・Web上からのデータ自動収集
・Webサービス、Webアプリケーション、Androidのスマホアプリ、デスクトップアプリ、組込みアプリケーションなどの制作
・ブロックチェーン、フィンテック技術の開発
上記の作業が可能となったのは、Pythonの特長のひとつであるシンプルさが理由です。これは、実行性能より使いやすさを優先した結果ですが、C言語に比べて処理実行速度は遅く、メモリ使用量も増加します。それでもPythonを使う企業が多いのは、必要な情報を的確に処理できる能力に長けているためです。
Pythonに使われる構文はシンプルであるがゆえに、書くべきコードが少なくて済みます。初心者からベテランまで、幅広く活用できる言語です。さらに、Pythonと機械学習を合わせて、新たな技術やツールの開発も進んでおり、特に機械学習プログラムの開発に携わる人はPythonに対して大きな期待を持っています。

Pythonフリーランスエンジニアに必要なスキル

Python の知識を有したエンジニアが求められる案件は、今後増加傾向になると推測されています。これは、需要が高まっている深層学習を含めたAIや IoT、SaaSシステムなどの開発に、Pythonの機能を駆使したシステムが必要なためです。フリーランスのPythonエンジニアとして仕事を得るには、Pythonには多数のライブラリ・フレームワークがあるため、それらを効率的に扱えるスキルが必要です。さらにPythonの大規模データを高速処理するライブラリ・フレームワークは多くの業界で使われており、データ分析・解析スキルが求められます。また、案件の比率が高いWebシステム・アプリケーション開発のスキルがあると有利です。
他にはデータベース・クラウド・機械学習などに関する知識とスキルも必要です。さらには、情報収集のための英語スキルや、Python以外にJavaおよびJavaScriptの言語知識を身につけておくと良いでしょう。Javaは習得が難しいと言われますが、さまざまなジャンルで利用される言語であり、両方できることで仕事の可能性が広がります。
フリーランスエンジニアは、自ら営業を行い、案件を獲得していかなくてはいけません。営業方法には、メール・SNS・ブログなどが活用できます。求人応募メールに記載する内容は、これまでの経験やポートフォリオ、仕事の明確な希望などがあります。 SNS やブログは、インターネットに掲載する名刺の役割を果たし、自分の実績を広められる有効な手段です。
フリーランス向けのセミナーや交流会も、同じ志を持つ仲間が出会える絶好のチャンスです。 人脈が広がるとともに、案件獲得の可能性も高まります。セミナーへの参加方法は、同業者に紹介してもらうほか、インターネットや SNS で探して応募するのが一般的です。

もし、フリーランスになる前にまずは副業から始めようと思っている方はPythonエンジニアの副業案件や案件獲得方法をチェックしてみてください。

Pythonに関する資格

Pythonに関する資格は、大きく以下の3つに分けられます。それぞれの資格の内容を紹介します。

まずは、Python3エンジニア認定基礎試験です。
Pythonに関する基本的な文法スキルを中心に出題され、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が実施する、日本国内の民間資格です。
公式の認定テキストからも出題され、出題数40問のうち合格ラインは70%となっています。CBT方式での受験であるため、取り組みやすい試験です。
2つ目はPython3エンジニア認定データ分析試験です。
上記の基礎試験と同じ一般社団法人が実施している試験であり、Pythonとデータベースを組み合わせる応用力が問われます。試験範囲は、主教材「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」から出題されます。数学の基礎およびライブラリによる分析が試験範囲の多くを占めているため、重点的に勉強すると良いでしょう。合格ラインは、基礎試験と同じく70%です。
同じ一般社団法人が新たに実施するPython試験として、「Python3エンジニア認定実践試験」が開始されるとの発表がありました。経験者向けの試験内容であり、フリーランスを目指している人はぜひ合格しておきたいものです。
3つ目は、Python Certificationsです。
上記で紹介した2つの試験とは異なり、ポーランドの団体が実施しているPythonの資格試験です。レベルは以下の4段階に分かれています。
・エントリー
・アソシエイト
・プロフェッショナル1
・プロフェッショナル2
試験はCBT方式ですが全て英語で行われるため、Pythonの知識に加え英語の読解力も必要です。フリーランスを目指すのであれば、プロフェッショナルを取得しておきたいところです。

Pythonの習得難易度・勉強方法

上記で紹介した3つの試験のうち、最も難易度が低いのはエンジニア認定基礎試験です。Pythonの初心者が挑戦しやすい試験であり、Pythonの資格取得の第一歩にする人が少なくありません。合格率は2017年4月時点のデータで約77%、公式発表はないものの75%から80%の間で推移しているとみられています。合格に必要な勉強時間はプログラミング初心者が教材で学んで6ヵ月くらいです。

認定データ分析試験は、認定基礎試験よりもレベルが上がるものの、日頃から業務でPythonに触れている人であれば、1週間ほど主教材に沿った勉強をすれば高い確率で合格できます。合格率も、2021年6月時点のデータで約86%です。

Python Certificationsのうち、エントリーは認定基礎試験とほぼ同じレベルです。アソシエイトでは、オブジェクト指向の技術や実際に使える設計力・コーディング力などが問われます。プロフェッショナルになると、国際的な Pythonプログラマとして認定されるための高度なスキルが必要です。
Pythonの資格取得を目指すなら、認定基礎試験と認定データ分析試験はまず公式の教材をしっかり学びましょう。認定基礎試験は基礎的な内容であり、認定データ分析試験は出題範囲が主教材だからです。そのうえで、参考書や動画を併用することをおすすめします。参考書を使って体系的に学び、より理解を深めたい部分を動画で勉強すると効果的です。また、不明点や疑問点を解決しやすいスクールを活用するのも良いでしょう。Python Certificationsに関しては、公式の各種コースで学ぶのが効率的です。

Pythonの将来性

Python は世界で大きく成長している言語のひとつであり、機械学習やデータサイエンスともつながりが深く、国内外の両方において期待度が高まっています。日本市場でPythonが期待されているのは、Python をメイン言語としてプログラムの開発を進めたい会社が増加傾向にあるためです。Java の方が需要は多いものの学習する難易度がPythonよりも高く、逆にPythonは学習環境が以前よりも整ってきて学びやすくなっているのもポイントです。
情報面ではPythonに関する日本語の情報はJavaよりも少ないですが、会社のみならず個人的にPythonを利用する人も増えていることもあり情報は増えてきています。実行速度が遅く速度が必要なシステムでの利用には不向きというデメリットはあるものの、今後も右肩上がりの発展が続くと予想されるAI分野に強いのは大きなメリットで、需要の上昇が予想されるため総合的にみて豊かな将来性があります。

Python案件ならFLEXYがおすすめな理由

フリーランスのPythonエンジニアが案件を探すには、仕事のつながりのある人に紹介してもらうほか、フリーランス専門のエージェントを活用して仕事を紹介してもらう方法もあります。その場合、数多く存在するエージェントから、どこを選んだら良いのか迷ってしまうかも知れません。
「FLEXY」は、ハイスキルなプロ人材サービスとして、Pythonエンジニアの仕事探しを全力でサポートします。案件検索から「Python」と入力していただくと、Pythonのスキルを活かせる案件が見つかります。これまでに、プロジェクトマネージャーやAIエンジニア育成支援、エンジニアのマネジメントなど、幅広い仕事を紹介してまいりました。
週1~5日といった稼働日数の希望や、リモートワーク可能などといった条件でも検索が可能です。まずはFLEXYの公式サイトから検索し、気になることがあればぜひコーディネーターまでご相談ください。

フリーランスのPython案件・求人動向

Python案件で一番需要が高いのが、AI、機械学習などの開発です。この分野はPythonの強みであり多くの会社でAIの導入も広がっているため、求人企業も製造業、金融業、医療業界、建設業、教育関連など多岐にわたり、フリーランスPythonエンジニアの求人案件が見つけやすくなっている状況です。
続いてビッグデータ活用の案件もPythonとの相性が良く、やはりさまざまな企業からの求人があり需要高です。Webシステム・アプリケーション開発も案件が多く、ほかにもAIと関連の深いIoT開発案件、スマート家電を含む組込み系開発案件でもPythonが採用されており、将来性の高さを反映しフリーランスの需要が高まっています。

Python案件・求人の報酬相場

Python案件の中でも分野によって報酬に差があります。IoT 開発および組込み系開発は報酬単価がやや低い傾向が見られ、月額は50万円くらいまでです。一方で、AI、機械学習、アナリティクス、ビッグデータ、Webアプリケーションなどは、スキルや経験にもよりますが、月額80万円ほどの高単価も期待できる成長分野です。

Pythonの収入について気になる方は、Pythonエンジニアの年収についてもチェックしてみてください。

FLEXYでご提案している求人案件にも、フリーランスで活躍中の方や、独立を目指す方におすすめの高単価案件が多数登録されています。

JOB SEARCH

Python案件のよくある質問

Pythonフリーランスとして、本当に仕事が獲得できるのか不安です。

フリーランスを目指す段階では、誰でも少なからず不安を抱くものです。資格を取得して自らの価値を高める努力をしたり、スキルを高めて仕事を確実に得るために勉強したりするのを怠らないようにしましょう。経験が少ないと感じているのであれば、スクールに通うのもおすすめです。不安な点は、コーディネーターまでお気軽にご相談ください。

FLEXYではどのようなPython案件が紹介されていますか?

弊社では幅広い職種のPython案件を扱っています。例としては、サーバサイドエンジニア、Webディレクター、PM、インフラエンジニア、CTO、フロントエンドエンジニアなどがあります。このほかにもさまざまございますので、ご希望に合った案件をご紹介できるよう尽力いたします。

Pythonの経験はありませんが、ITエンジニアとして長年の実績があります。今からPythonのフリーランスを目指せるでしょうか?

ITエンジニアの実務経験があれば、未経験からでもチャンスはあります。ただし、独学でPythonについて勉強しなくてはいけません。プロジェクトリーダーなどでチームを率いていたのであれば、実績が評価される可能性は高いと考えられます。