FLEXY FLEXY

無料登録

Swift(iOS) PROJECTS

募集中 【Swift】教育プラットフォームのモバイルアプリのiOSアプリ開発支援(リモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:iOSエンジニア
稼働日数:週4〜5日都庁前
報酬:〜80万円/月

本ポジションでは既存サービスのモバイルアプリ(iOS)の開発を担当していただきます。
具体的には以下業務を想定しております。
・iOSアプリの保守・運用OSのバージョンアップ対応
・各種ライブラリのアップデー...続きを読む

募集中 【Flutter】医療業界向けサービスを複数開発・運営する企業でPHRスマホアプリ開発支援(フルリモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:iOSエンジニア、Androidエンジニア
稼働日数:週5日小伝馬町
報酬:〜80万円/月

PHRスマホアプリのFlutterでの実装業務

■募集背景
PHR(パーソナル・ヘルス・レコード)分野におけるアプリを複数開発、提供している企業です。増員のため募集に至りました。続きを読む

募集中 【Swift/Kotlin/AWS】金融系スマホアプリの開発支援(フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:iOSエンジニア、Androidエンジニア
稼働日数:週3〜5日明治神宮前
報酬:〜80万円/月

下記案件のiOS,Androidのどちらかの開発
・金融系スマホアプリの受託開発(プリペイド型の決済アプリ)
 →iOS/Androidの保守運用
 →顧客から要望があった際の追加開発

<業務内容詳細>
・毎月のスプリントに対...続きを読む

募集中 【Swift】BtoC向けフィットネスアプリのiOSテックリードエンジニア支援(フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:iOSエンジニア
稼働日数:週3〜5日渋谷
報酬:〜100万円/月

・リリース済みのフィットネスモバイルアプリの開発・必要に応じてドキュメント作成
・テックリード(チームを統率する役割はないですが、リードができるレベルの方を募集します)

■募集背景
大手フィットネス...続きを読む

募集中 【Swift/Xcode】ファッションECサイトなどを開発・運営する企業でiOSアプリ開発支援(フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:iOSエンジニア
稼働日数:週5日みどり台
報酬:〜160万円/月

ファッションECのiOSアプリの設計・開発・運用を担当していただきます。

・案件の要件定義、仕様策定
・Swiftを用いたファッションECの新機能開発、既存機能の改修
・開発フローやテストの自動化
・クラッシュ...続きを読む

募集中 【Objective-C/Swift】動画配信モバイルアプリ・テレビ向けアプリのiOSアプリ開発支援(出社必須)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:iOSエンジニア
稼働日数:週5日渋谷
報酬:〜65万円/月

・動画配信モバイルアプリ、テレビ向けアプリ開発業務
・詳細設計/製造/単体テスト。プロジェクトによっては保守/運用までを含む
・複数のプロジェクトを牽引して対応することがあります
・スキルとプロジェク...続きを読む

募集中 【Swift】銀行取引アプリケーションのiOSアプリ開発支援(フルリモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:iOSエンジニア
稼働日数:週5日小川町
報酬:〜70万円/月

銀行取引アプリケーション開発支援(Swift)
各OSは3名体制での継続開発となり、1〜2ヶ月に一度リリースを行っております。

■募集背景
開発における人員が不足しているため。

※働き方:基本フルリモート、状...続きを読む

募集中 アミューズメント施設の運営などを行う企業で会員向けiOSモバイルアプリケーションの開発支援

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:iOSエンジニア
稼働日数:週3〜5日汐留
報酬:〜80万円/月

ゲームセンター会員向けアプリのモバイルアプリケーション開発全般を担当していただきます。
・新機能の設計 / 実装
・既存機能の改善
・プロダクトマネージャー、デザイナー、バックエンドエンジニアと協力しチ...続きを読む

募集終了 【Flutter】マッチングアプリを提供している企業でモバイルアプリ開発支援(フルリモート・ビジネスタイム外可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:iOSエンジニア、Androidエンジニア
稼働日数:週3日、ビジネスタイム以外の空き時間豊洲
報酬:〜42万円/月

自社アプリのユーザー向け モバイルページの設計と実装
3月から課金機能実装予定
・依頼工程: 設計 / フロントエンド開発 / バックエンド開発 / 保守・運用
※当面androidのバグ改修などを依頼する可能性もござい...続きを読む

もっと見る

Swift(iOS)とは?

Swiftは、Apple社が開発したサーバサイドのプログラミング言語です。主にiOS用のアプリを開発するための言語で、従来使用されていた「Objective-C」に代わる新たな言語として設計されました。2023年12月時点で「Swift 5.9」が最新バージョンになっています。Swift 5.9で実装された注目の変更点としては「noncopyable」の導入があり、従来のような構造体や列挙型のコピーを不可とすることで一意のリソースを表現することが可能になりました。
また、統合開発環境(IDE)である最新バージョンの「Xcode 15」は2023年9月18日にリリースされ、それまでのバージョンに比べて、コード補完機能やインタラクティブプレビュー、ライブアニメーションなどが強化されています。

Swiftは「スクリプト言語に近い感覚で設計ができる」という特長を持っています。また、プログラミング言語のなかには、文末に「;」(セミコロン)の記述が必要であり、記述がないと上手く反映されないものがあります。しかし、Swiftでは、セミコロンを入力する必要がなくシンプルなコードの入力で済むため、初心者にとって習得しやすい言語といえるでしょう。

また、Swiftはアプリの開発だけでなく、サーバサイドの構築やコマンドラインツールの開発にも利用できます。さらに、Webブラウザからプログラムを高速実行するための技術であるWebAssembly にコンパイルすればブラウザ上で実行することもできるなど幅広く利用することが可能です。

Swiftを用いた開発では、フレームワークを使用するとより効率的に作業を進められます。

実用の面において、プログラミングの途中でも動作確認ができ、実行スピードもObjective-Cより早いことが特長として挙げられるでしょう。そのため、近年ではSwiftを好んで利用するプログラマも増えつつあります。

Swift(iOS)フリーランスエンジニアに必要なスキル

Swiftに限らず、フリーランスエンジニアになると、依頼者側の要望がきちんと反映される高いスキル求められます。プログラミング未経験者がSwiftエンジニアとして活躍するには、高いハードルといえるでしょう。ここでは、Swiftを扱うフリーランスエンジニアに必要なスキルを紹介します。

まず、Swiftのフリーランスエンジニアになるための必要なスキルは「実務経験」です。作ったものを確認してもらうことが実力の証明になるため、ポートフォリオにまとめるなどの対外的に確認できる状態にしておくことが必要です。

初心者の方は、まずは参考書を読み漁ることや初級レベルの資格を取得するなど行い、Swiftを使って簡単なアプリを作ることから始めましょう。初めから高度なアプリを開発することは難易度が高く、つまずく原因になるため徐々にできることを増やすことがおすすめです。

実務経験をより細かく分けて考えると、以下の3点になります。

・Swiftというプログラミング言語の使い方が理解できている
・設計や仕様を理解できる
・自分でアプリ開発をすべて行ったことがある

ただし、Swiftについて未経験であっても、他のプログラミング言語でAndroidやiOSアプリの開発経験があれば活躍できる可能性があります。また、Swiftと互換性があるObjective-C経験者であれば特に支障なく案件を進めることができるでしょう。

Swift(iOS)に関する資格

Swiftの資格として広く知られているのが「App Development with Swift‬」です。この資格を取得することで、Swiftの基礎知識を有していることを対外的に証明できます。App Development with Swift‬の難易度はさほど高くないため、Swiftを学びながら併せて資格を取得したいと考えている方に適した資格です。

出題範囲は、基本概念やオープンソースとして公開されているビルディングブロックの使用方法などになります。そのほかにも、下記のような内容が出題される傾向にあるため、事前にチェックしておくといいでしょう。

・Apple Software Development Kitの基礎
・Playgrounds、Xcode、Interface Builderといった開発ツールの使い方
・iOSアプリの作成に必要なスキル

試験時間は50分です。受験料は一般が10,780円、学割は8,580円(各税込)となります。内容は基礎的な知識を問うものであるため、それほど難易度は高くないと言われています。

なお、2022年7月時点で日本語版の試験は実施されておらず、試験は英語版のみの実施となるため問題文を読解できる程度の英語力が求められます。英語版の学習教材を難なく読めるかどうかが、英語力を測る一つの目安になるでしょう。

Swift(iOS)の習得難易度・勉強方法

Swiftは主にアプリ開発に使われるプログラミング言語であり、実行スピードが速いことや安定した稼働を実現できる特長を持っていることから、フロントエンドとの相性がよいと考えられます。そのため、フロントエンドエンジニアにとっては扱いやすいライトな言語と言われています。

Swiftを習得するには、以下のような勉強方法があります。

・問題集や参考書で詳細まで確認
問題集や参考書で学ぶ方法です。書店やECサイトでも問題集や参考書は販売されているため、入手することは難しくありません。参考書を活用して基本的な知識(土台)を増やしていくことが重要になります。

書籍などでSwiftの基礎知識を習得しながら、Swiftの資格試験「App Development with Swift‬」の対策を行うことが理想的な学習スタイルでしょう。

・Webコンテンツで学ぶ
Web上にはさまざまなレベルの学習サイトがあります。初心者でも気軽に取り組むことができる「動画」を視聴することはSwiftに関する知識を概要から効率よく習得する方法の一つといえるでしょう。映像を通して学習することで、イメージが湧きやすく、理解力が向上する場合もあります。

どの方法で学習する場合でも、難易度を見極めながら取り組みましょう。初心者がいきなり難易度の高い問題集や動画を参考にすると挫折してしまうため、注意しましょう。Swiftは他のプログラミング言語に比べるとソースコードがシンプルであり習得しやすいですが、自分のレベルに合わせた勉強法で学習することが重要です。

Swift(iOS)の将来性

SwiftはiOSのアプリ開発で使用することが想定されていましたが、2020年9月にWindowsが公式にサポートを開始したことで活用できる幅がさらに広がりました。そのため、Swiftエンジニアの将来性は高いと考えられるでしょう。その理由は以下の2つです。

1つ目は、スマホアプリを開発できることです。
SwiftはApple社が開発した言語であるため、Apple社製品のサービス開発で多く採用されています。国内でもユーザー数の多いiPhone向けアプリの開発に使える言語であることは現時点で大きなメリットといえます。今後も市場規模の拡大が期待できるため、Swiftを扱えるプログラマの需要は高くなるものと考えられます。

2つ目は、今後の採用範囲拡大が期待できることです。
Swift は2014年に公開された新しい言語であるため、JavaやRuby、C言語などに比べると市場規模はまだ小さい状態にあります。しかし、近年ではApple社製品だけでなく、一般的なWebアプリでも使えるようになってきたため、将来的な需要につながる可能性は高いと考えられています。

Swift(iOS)案件ならFLEXYがおすすめな理由

FLEXYは、エンジニアなどを対象に新しい働き方を提供するプロ人材サービスです。FLEXYであれば、大企業からスタートアップベンチャーまでさまざまな環境で仕事ができます。Swiftを扱えるエンジニアに向けた案件数も豊富です。

高いスキルを有する人材を求めている企業も多く、プロジェクトのコア部分を担う重要な案件も少なくありません。単価も高めで経験豊富な人向けの案件が多いという特長もあります。

フリーランスのSwift(iOS)案件・求人動向

Swiftエンジニアの求人件数についてはアプリ開発をしている企業から多くの募集があります。今後の採用範囲拡大やApple社製品のユーザーが多いことを考慮すれば、案件数や求人動向は増加傾向にあると考えられます。それに伴い、実務経験に応じた年収アップも見込めるため、中長期的に安定して稼げる仕事になる可能性は高いと言えます。

実務未経験であればPHPやRubyなどの方が案件を受注できるハードルは低くなりますが、主にWebサービスの開発で使用されるサービス志向の言語であるため、企画能力といったプログラミング以外のスキルを求められることもあります。将来的な需要を見込んでSwiftの学習を始めるであれば、早めに実務経験を積んで将来のキャリアにつなげていきましょう。

また、フリーランスになる前に副業として案件を受ける方は、Swift副業の案件数や動向をチェックしておきましょう。

Swift(iOS)案件・求人の報酬相場

Swiftに関連する案件の募集数は多く、報酬や稼働日数は仕事の内容によって異なります。

例えば、「新PM支援業務Salesforceの社内開発」の案件は稼働日数が週1〜2日で、月の報酬が32万円ほどです。一方で、「モバイルアプリエンジニア募集IoTクラウド事業」の案件では、稼働日数が週1〜5日で月の報酬が80万円という案件もあります。

開発環境や担当プロダクトによっても報酬相場は変わるため、さまざまな案件を比較検討しながら応募先を選びましょう。

Swiftエンジニアの平均年収や年収・単価アップの方法もぜひ見ておきましょう。

JOB SEARCH

Swift(iOS)案件のよくある質問

Swift案件はどのようなものがありますか?

主にiOS関連のアプリ開発案件が多く見られますが、内容は案件の種類によってさまざまです。報酬や稼働日数も案件によって異なるため、各案件の業務内容や必須要件、歓迎要件などを確認するようにしましょう。

応募に必要な資格はありますか?

必須となる資格は特にありません。ただし、知識の証明やキャリアアップのためにも、この記事で紹介した「App Development with Swift‬」などの資格取得や実績として示せるポートフォリオを準備しておくことをおすすめします。

実務未経験でも応募できますか?

案件によっては実務未経験でも応募できる案件がありますが、基本的なスキルやアプリなどの制作実績は必ずチェックされます。必須要件は案件によって異なりますが「開発経験3年以上」などの実務経験の条件が付く案件も多いため、応募をする前にさまざまな案件を比較検討することが必要です。