FLEXY FLEXY

無料登録

Scala PROJECTS

募集中 【Kotlin(サーバサイド)/Java/Scala】新しい保険商材を提供する企業でバックエンド開発支援(フルリモート・ビジネスタイム外可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週3〜5日茅場町
報酬:〜80万円/月

新しい少額短期保険商品など各種提供サービスにおいて発生するバックエンド開発業務
※新規サービスも検討中のため、状況に応じてご対応いただく可能性あり

<想定業務内容>
・アプリなどのバックエンド開発(機...続きを読む

募集中 【Java/サーバサイドKotlin】航空業界向けシステム開発を行う企業でバックエンド開発支援(フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週4〜5日上福岡
報酬:〜100万円/月

今回のプロジェクトでは、グループの中でも重要な収益源となるシステム基盤を構築するための新しいシステム開発に携わっていただきます。
一般的に、受託企業は「特定の開発業務のみ」を担当することが多いですが、...続きを読む

募集中 【Kotlin/Scala/Java /Typescript/Node.js/React】保険業界向け営業スキル伝承サービスのシステム開発支援(出社必須)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日田町
報酬:〜80万円/月

保険業界におけるトップ営業のスキル伝承を目的としたシステム開発案件となります。
保険営業の世界ではライフプランナー(個人事業主)が、各々独自のスタイルで営業活動をしています。
新米ライフプランナーにと...続きを読む

募集中 【Solidity】クロスチェーンブリッジのスマートコントラクト開発におけるブロックチェーンエンジニア支援(フルリモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:その他エンジニア
稼働日数:週4〜5日六本木一丁目
報酬:〜80万円/月

クロスチェーンブリッジのスマートコントラクト開発

■募集背景
社内プロジェクト体制の変化でブロックチェーン技術に知見のある方が、別のプロジェクトに移動になっているので、お力をお借りしたいです。

※働...続きを読む

募集中 【Java/Scala/Kotlin/React/Vue.js/TypeScript/Ruby/Ruby on Rails】分析基盤の総合支援SaaSのコネクターチーム業務支援(フルリモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア、インフラエンジニア
稼働日数:週3〜5日目黒
報酬:〜80万円/月

分析基盤構築や運用にかかるデータエンジニアの手間を削減すべく、新機能開発、データソース(DB、広告API)への対応、顧客要望対応など、分析基盤の総合支援SaaSがより広く・深く課題を解決するためのバックエンド...続きを読む

募集中 【Scala/Java/Kotlin】新規・既存サービスの開発支援(フルリモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:システムエンジニア
稼働日数:週5日六本木一丁目
報酬:〜56万円/月

既存/新規サービスの開発支援をお願い致します。

■募集背景
人員が不足しているため募集に至りました。続きを読む

募集終了 【Go/Ruby/Python/Perl/Scala/Java/MySQL/PostgreSQL】金融営業DXツールの追加機能のフルスタック開発支援(フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア
稼働日数:週3〜5日茅場町
報酬:〜90万円/月

BtoB向けのメインサービスである金融営業DXツールの追加機能開発支援
金融企業や、証券会社等の企業を対象にその先のクライアントの顧客管理やマッチング型営業ツールとして提供しております。
その中で今後、LINE...続きを読む

募集終了 【Go/Kotlin/Java/Scala】スタートアップ・ベンチャー企業向け法人カードSaaSのバックエンド開発支援(リモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日六本木
報酬:〜85万円/月

ユーザー企業の経営活動の生命線となる企業決済、経理処理、請求などに関連する下記例のようなバックエンドシステムの開発に携わって頂きます。

・法人カードSaaSのコア機能となる決済システムの開発・運用
・不...続きを読む

募集終了 【TypeScript/Next.js/GraphQL/Rust/Scala/AWS/GCP】製造業向けプロダクトを提供する企業でソフトウェアエンジニア支援

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア
稼働日数:週5日浅草橋
報酬:〜80万円/月

・サプライチェーンにおけるデータをアセット化するプロダクトの運用保守開発、社内の問合せの調査及び不具合修正、データ修正対応等
・サプライチェーンにおけるデータをアセット化するプロダクトのユーザビリティ...続きを読む

募集終了 【scala】医療領域でサービスを提供する企業でバックエンド開発支援(フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア、データ分析
稼働日数:週3〜5日虎ノ門
報酬:〜100万円/月

具体的には以下のような業務を、本人の経験・適正に応じて担当して頂きます。
・要件や分析方針に基づいた分析の実施・モデルの構築
・分析結果の資料化、ならびに関係者(事業側メンバー、顧客、開発者など)への...続きを読む

もっと見る

Scalaとは?

Scalaは、オブジェクト指向だけではなく関数型言語の特長も併せ持つハイブリッド言語であり、マルチパラダイムプログラミング言語と呼ばれています。「Javaでできることは全て実行できる」という大きな特長があるため、Javaの後継言語とされています。
Scalaは無料で使えるオープンソースのソフトウェアであり、Java領域以外にも幅広い開発領域で使えるため、Scalaの人気度は今後も高まっていくと予想されます。

なお、オブジェクト指向とは共通要素を「クラス」に分割して関係性を定義するシステム構成の考え方を指します。クラスにデータを渡すだけで機能を用意できるため、開発に手間がかかりません。ミスや工数の削減といったメリットにもつながり、大規模案件においては必須の仕組みとなります。

また、関数型言語とは、数学的な関数を組み合わせて記述する型の言語です。引数の値が定まれば結果も決まる「参照透過性」によって細部まで静的処理が行われるため、一度組んでしまえば強固なプログラムを構築することができます。

これら両者のメリットを備えているのがScalaです。ScalaはJava仮想マシン「JVM(Java Virtual Machine )」上で動作するため、OSを気にしたプログラミング処理の必要がないという点の使いやすさも魅力の一つです。Javaで記述されたソースコードはJVMが処理し、MacやWindows、LinuxといったOSとの受け答えが行われます。

また、Scalaには「Akka」と呼ばれる並行・分散プログラミングのためのライブラリがあるため、活用方法によっては高い拡張性と耐障害性を維持することが可能となります。

Scalaフリーランスエンジニアに必要なスキル

ScalaはJVM上で動作するため、Javaの知識が必須となります。また、ScalaはJavaのライブラリを使用できるだけでなく、インスタンスの生成もJavaと同様に行うことができます。Javaを使用しているエンジニアやプログラマであれば、Javaの知識を活用してScalaによる開発を進められるでしょう。

Javaとの互換性が高いScalaではありますが、一方で使い方が異なる点もあります。例えば、Javaは型を宣言するときにすべて小文字で宣言しますが、Scalaでは最初一文字目を大文字で宣言します。こういった数少ない違いだけ押さえておけば、Javaと同様に使いこなすことが可能です。

Scalaに関する資格

Scalaという言語に特化した資格は現時点ではありませんが、サーバサイドの言語を扱うエンジニアにとっておすすめの資格は以下の3つです。

1.応用情報技術者試験
応用情報技術者試験とは情報処理推進機構(IPA)が主催する国家資格の一つであり、基本情報技術者試験の上位にあたる資格です。この資格を取得することで、幅広い知識と応用力を持つエンジニアであることを対外的に証明できます。また、応用情報技術者の資格保有者は中小企業診断士試験や弁理士試験、技術士試験などが一部免除されるというメリットもあります。2022年4月に発表されたIPAの統計資料によると、公表されている合格率は約20%前後と低い水準となっており、難易度の高さが伺えます。

2.ITストラテジスト試験
ITストラテジスト試験も情報処理推進機構(IPA)が主催する国家資格の一つです。システム化計画の立案・実行までを主導するスキルの認定試験であり、この資格を取得すれば高度なIT技術と知識だけではなく、企業戦略の立案や経営課題の解決スキルを習得していることをアピールできます。エンジニアであればITにおける上流工程のビジネススキルを磨くためにも取得しておきたい資格です。

3. Oracle認定Javaプログラマ(Java SE 11 認定資格)
Oracle認定Javaプログラマとは日本オラクル社が主催するJavaプログラマ向けのベンダー資格です。難易度はブロンズ、シルバー、ゴールドで分かれており、それぞれで試験時間や内容、受験料の金額も異なります。試験の位置付けとしてはJavaアプリケーション開発に必要とされる基本的なプログラミング知識を有し、上級者の指導のもとで開発作業を行うことができる開発初心者向けの資格とされています。Javaに関する知識の証明となるものですので、Scalaを学ぶことにもつながります。積極的に取得しておきたい資格です。

Scalaの習得難易度・勉強方法

Scala はJavaと同様に学習難易度が高いとされているプログラミング言語です。そのため、なかなか勉強を始めるハードルを高く感じる場合には、以下で紹介する内容を学習のヒントにして進めてみてください。

開発言語の中では比較的新しい言語と言われているため、Scala単体の解説書や参考書などの学習教材が少ないのが現状ではありますが、習得にあたってはJavaの教材を用いて応用することが可能です。Javaの後継とされていることで徐々に注目が集まってきている言語であるため、今後は参考書や学習サイトなどの数も需要に合わせて増えていくものと考えられます。

また、Scalaを学ぶ上ではJavaに関する知識の理解が切り離せません。Scalaの勉強を進める際には、単独で学ぶというより、Javaを同時並行で理解しながら進めることで効率よく身につけることができます。

オブジェクト指向型と関数型の双方を理解しなければいけないのも、学習難易度が高く感じる原因として挙げられます。繰り返し処理一つに関してだけでも、オブジェクト指向型と関数型ではコードの書き方が異なります。

一般的なプログラミング言語においてはオブジェクト指向型か関数型のどちらか一方を使用することが多いため、両方を学ぶのであれば相応の時間がかかるものです。そのため、まずはサーバサイド言語を扱う上で重要なオブジェクト指向型について先に学ぶことをおすすめします。

Scalaの学習方法で悩むようであれば、まずは環境構築から始めてみることをおすすめします。具体的には「JDK」と「sbt」の2つのパッケージを使用するPCなどにインストールし、Scalaが動作する環境を整えます。JDKはオラクル社により提供されているJava開発キットのことであり、sbtはJavaやScala用のビルドツールです。

環境構築が完了したら、学習サイトや書籍などで詳細を学んでいきましょう。動画でわかりやすく学びたい場合は、有料の学習サイトを活用してみてください。ある程度知識を習得したら、ぜひ簡単でも良いので自作システムの開発に取り組んでみましょう。

Scalaの将来性

Javaの膨大なライブラリを使用できるScalaの将来性は高いと言えます。Javaの後継として徐々に人気が集まっており、多くのサービスで採用され始めています。Javaで開発されているアプリケーションはScalaでも開発できるため、Webアプリケーションやゲームアプリ、DX推進など、多様な分野で活用することが可能です。

一方で、Javaで組めるものをあえてScalaで組む必要性について、きちんと技術選定をされる機会が乏しいことから、なかなか普及が進まないといった懸念点もあります。

また、Scala.jsによってフロントエンド開発に対応できるのもScalaの大きな特長と言えます。Scala.jsはコードをJavaScriptに変換するコンパイラであり、Scalaで開発したコードでJavaScriptを生成できるため、Webサイトの開発などでも活用することができます。

JavaScriptはフロントエンド開発で多く利用される言語であるため、Scalaで開発したコードでJavaScriptを生成すれば、JavaScriptが書けないバックエンドのエンジニアでもフロントエンド開発ができるようになるという便利さがあります。さらに、バックエンドでJavaが使われている場合はフロントエンド・バックエンドの双方をScala一つで開発することができます。

Scala案件ならFLEXYがおすすめな理由

FLEXYはエンジニアなどを対象に新しい働き方を提供するプロ人材サービスです。大企業からスタートアップベンチャーまで、さまざまな環境で仕事にチャレンジできるのが特長であり、Scalaを扱えるエンジニアに向けた案件の募集もあります。

ハイスキルな人材を求めている企業も多く、プロジェクトのコア部分を担う重要な案件も少なくありません。単価も高めで経験豊富な人向けの案件も数多く掲載されています。初心者や経験の浅い人は募集されている案件を眺めつつ、自分のキャリアパスを描きながら実務経験を積んでいきましょう。

フリーランスのScala案件・求人動向

Scala エンジニアの案件や求人は形態を問わず、まだまだ数が少ないのが現状です。ただし、今後は需要の増加が見込めるため、今のうちに学習を進めておいて損をすることはないでしょう。

また、サーバサイドの言語を一つでも深く習得しておくことは中長期的に安定した仕事に就ける機会につながります。既に複数の言語の実務経験がある場合であれば、この機会にScalaもマスターしてより多くのチャンスをつかめるようにしておきましょう。

実務未経験者は、まずはJavaエンジニアとして実務経験を積んでからScalaエンジニアに転身するのも選択肢としては良いでしょう。いずれにしても、需要が高まるにつれて案件の数も増加していくことが予想されるため、早めに学習しておくことをおすすめします。

Scala案件・求人の報酬相場

募集案件の数は少なく、報酬や稼働日数は仕事の内容によって異なります。例えば、「貸付ファンドサービスのサーバサイド開発案件」の案件では稼働日数が週2日で、月の報酬が32万円までという条件でした。また、「リモート可!ハッカソンキャンプ優勝経験者在籍チームでの開発業務」の案件では稼働日数が週5日で、月の報酬が80万円までという条件でした。案件によって金額や条件も異なるケースがほとんどであるため、1つでも多くの案件を経験し、実務経験を積んでおくことが後に案件を獲得する上でのポイントとなります。

JOB SEARCH

Scala案件のよくある質問

Scala案件にはどのようなものがありますか?

Javaを踏襲しているため、依頼内容や金額、条件面においてさまざまな種類の案件が幅広く存在します。例えば、「貸付ファンドサービスのサーバサイド開発案件」の案件では稼働日数が週2日で、月の報酬が32万円までという案件が挙げられます。Scalaを指定した案件は現状ではそれほど多くありません。案件を獲得する奥の手としてはJavaの案件を受注する際にScalaを提案してみるということも視野に入れておくとチャンスが広がります。

応募に必要な資格はありますか?

応募にあたって必須となる資格は特段ありません。ただし、対外的な証明や自身のスキルアップのためにも、この記事で紹介した資格を取得しておくことをおすすめします。

実務未経験でも応募できますか?

基本的には実務経験があることを前提に応募されていることがほとんどです。ただし、未経験でも応募可能な案件もありますので、条件面などに注意しながら探してみましょう。