FLEXY FLEXY

無料登録

C++ PROJECTS

募集中 【Solidity】クロスチェーンブリッジのスマートコントラクト開発におけるブロックチェーンエンジニア支援(フルリモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:その他エンジニア
稼働日数:週4〜5日六本木一丁目
報酬:〜80万円/月

クロスチェーンブリッジのスマートコントラクト開発

■募集背景
社内プロジェクト体制の変化でブロックチェーン技術に知見のある方が、別のプロジェクトに移動になっているので、お力をお借りしたいです。

※働...続きを読む

募集中 【C++】PC向けチームTPSゲーム開発支援(基本フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日浜松町
報酬:〜67万円/月

次世代機/PC向けチームTPSゲーム開発における下記業務
・シューティングゲームの基礎開発
・UE5の新機能検証
・開発ディレクター等とコミュニケーションを取り開発を行う
・グラフィックス等他のチームのサポー...続きを読む

募集中 【C++/C#/Unity/UnrealEngine】誰も見たことがない新しいエンターテインメントを作る企業でコンシューマゲーム開発支援(フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:その他エンジニア
稼働日数:週3〜5日小川町
報酬:〜100万円/月

・コンシューマゲーム開発における、ゲームプレイ全般の実装業務
・ゲーム内のバトルシステム、プレイヤー挙動、レベルデザインに関する遊び・コンテンツ、UIなど、ゲームプレイ全般の設計・実装に関して、仕様に沿...続きを読む

募集中 【C/C++】飛行制御システム開発企業のAIエンジニア支援

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:その他エンジニア
稼働日数:週5日堀切菖蒲園
報酬:〜64万円/月

コンピュータビジョンを用いて、ドローンの自動制御や障害物回避技術の開発をご担当いただきます。
技術的な領域が中心となりますが、場合によってはマネジメント領域をご担当いただく場合がございます。

■募集...続きを読む

募集中 【C++/C#】Windowsデスクトップアプリケーションの開発支援(基本リモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:システムエンジニア
稼働日数:週5日秋葉原 or 池袋
報酬:〜60万円/月

デスクトップ製品の開発支援案件です。
実現可能性調査、要件定義/外部設計からテストなど一連の工程を担当いただきます。

■募集背景
人員不足のため。

※働き方:基本リモート。必要に応じ出社あり。入場時...続きを読む

募集中 【C/C++/Java】産業用大型プリンターのコントローラ開発支援

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:制御エンジニア
稼働日数:週5日北八王子
報酬:〜60万円/月

Rasterize予測時間を算出して、制御するプログラムの作成をしていただきます。

■募集背景
人員不足のため。

※働き方:出社+リモート。週1~週2程度の在宅勤務可能。各月で土曜日出勤日あり。続きを読む

募集終了 【C++】車載向け単体テストツール(QTE)の導入及び運用定着におけるFAE支援(基本リモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:その他エンジニア
稼働日数:週3〜5日天王洲アイル
報酬:〜80万円/月

・担当営業と同行し、上記テストツールの導入/運用定着における技術的サポート

■募集背景
自動車のOEMに対して、車載向け単体テストツールを自社で開発中です。
現在立ち上げ期で、徐々に製品自体の認知度が上...続きを読む

募集終了 【C/C++】指紋・掌紋照合技術に関する作成済のライブラリのメンテナンス支援

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日田町
報酬:〜57万円/月

指紋・掌紋照合技術に関する作成済のライブラリがあり、それのメンテナンス要員を
長期で探しています。

ただ、若干重たくて、過去20年近く研究開発している顧客の技術者が作成したラ
イブラリ資産を整理し、...続きを読む

募集終了 【C/C++】視覚障がい者向けIoTデバイスのファームウェア開発支援

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:組み込みエンジニア、制御エンジニア
稼働日数:週4〜5日虎ノ門
報酬:〜80万円/月

視覚障がい者向けIoTデバイスのファームウェア開発

<主な業務内容>
・組込みファームウェアの開発
・要求分析・要件定義・設計・開発・検証・運用
・IoT機器の組み込み開発
・センサーデータの利活用、...続きを読む

もっと見る

C++とは?

C++(シープラスプラス)は、C言語を作成したAT&Tベル研究所で開発された言語です。「シープラ」や「シープラプラ」などとも呼ばれており、C言語の拡張言語として扱われています。C言語との根本的な違いは、「C++がオブジェクト指向型である」という点です。そのほかにも、ジェネリックプログラミングや例外処理を取り入れるなど、C言語と異なる部分を多く持ちます。ただしC言語の後継でもあるため、互いに連携して使用が可能です。実際に開発現場では、CとC++を併用することがよくあります。

ロボットへの組込み開発やそのほかIoT関連での開発、また「AI・ゲーム・Webアプリ・業務システム」などの開発で、C++は多岐にわたって採用されます。オブジェクト指向型の言語なため、C言語と比較すると、アプリケーション開発やシステム開発などで活かしやすい言語です。かつ、「処理速度が早い」といったC言語のメリットを引き継いでいることから、3Dゲームなど処理が重くなりがちな場面にも応用されています。

C++フリーランスエンジニアに必要なスキル

一般的な傾向として、C++を単独で使用する現場よりも、ほかの言語と併用する現場が多いです。IoT開発の現場ではC言語との併用が多く、ソフトウェアや業務システム、アプリケーション開発の現場では、Python・Java・Swift・Kotlinなどケースによってさまざまな言語と併用されます。
こうした事情から、C++をメインとしつつも、そのほかの言語もある程度使用できると採用されやすくなります。C++主体のフリーランスエンジニアを目指すなら、早いうちから、他言語での現場経験も積んでおくことがおすすめです。また「別の言語での実務経験を持っており、かつ、C++を現在習得中である・習得済である」という状況の方も、積極的にC++の求人に応募していけるでしょう。

ただし、「C++以外の、どんな言語での実務経験を求められるか」は現場によって異なります。例えば、「PythonやJavaといった軽量言語での現場を経験していて、C++も扱える」という人材なら、ソフトウェア・業務システム・アプリケーション開発といった現場で重宝されるでしょう。一方、「C言語で就業経験があり、C++も扱える」という方には、組込み案件への応募がおすすめです。
「C++のみを扱える」という方でも、現場経験があれば取得可能な案件は存在します。ただし多言語との併用する場合と比べて、求人数自体が少ないため、フリーランスエンジニアとして多くの案件に関わりたい場合は、ほかの言語も扱えるようにしておくことをおすすめします。

C++に関する資格

C++に関する代表的な資格では、以下のようなものです。
・C++ Certified Associate Programmer(以下:Associate)
・C++ Certified Professional Programmer(以下:Professional)

どちらも海外の資格で「C++Institute」という団体が運営しています。Associateの方が難易度は低く、Professionalは高難易度です。Professionalを受験するには、まずはAssociateに合格しなければなりません。
試験は、「ピアソンVUE」というWebサイトを利用して、配信形式で行います。あらかじめサイトにアカウント登録して、試験を予約することで、受験可能です。

ただし、日本ではまだ知名度の低い資格なので、獲得できたとしても、案件取得の直接的なアドバンテージにはつながりづらいかもしれません。資格よりも、やはり現場経験が重視される場合が多いでしょう。
そのためあくまでも「C++に一定の理解を持ち、ある程度プログラミングが可能である」ということを他者に証明する資格と考えましょう。もちろん「これからC++を勉強する」という方なら、自分のスキルアップのために、こうした資格獲得を具体的な目標に設定することは有効です。

・C++ Certified Associate Programmer
この試験の概要は以下の通りです。
・料金:295米ドル
・試験日:通年
・合格基準:70%
・試験時間:65分
・使用言語:英語

この試験で求められる知識は、「プログラミングの概念」「C++の構文・セマンティクス・データ型」「オブジェクト指向の概念と実装」「C++のライブラリによる実装の問題解決方法」などです。

・ C++ Certified Professional Programmer
この試験の概要は以下の通りです。
・料金:295米ドル
・試験日:通年
・合格基準:70%
・試験時間:65分
・使用言語:英語

この試験で求められる知識は、「テンプレート関数・クラス作成・I/O を含むSTLの知識」「C++のテンプレート・クラス定義」「プロパティテンプレートのクラスとメソッド」「STLによるクラスとメソッドを使用した構文の問題解決」などです。

C++の習得難易度・勉強方法

C++は、数あるプログラミング言語の中でも難易度が高いことで有名です。その理由は、学習する内容の多さにあります。まずC言語の後継ということもあり、C言語で扱える「メモリ管理の概念」などを覚える必要があります。C言語自体も難易度の高い言語であり、開発環境の構築が難しいため、学習する前に断念する方も多くいるのが現状です。
さらにC言語の概要を覚えたとしても、C++の構文はC言語のそれと異なっている上に、テンプレート・例外処理など新たに覚えなくてはならない要素も数多く出現します。そのため習得までの学習は決して容易ではありません。しかしそれだけに「習得すればできることが多い」ということも事実です。

学習する場合はまず、「開発環境を整えて簡単なコードを書いてみる」ところからスタートします。ある程度簡単な仕組みが理解できるようになったら、ゲームなどを小規模な範囲で作成して、徐々に学習規模を大きくしていくとよいでしょう。
ただし、自作コードの品質を自分で評価することは困難です。したがって効率的に上達するためには、スクールを利用したりコードをレビューしてくれるサービスを利用したりするのがおすすめです。現在は、Web上で学習できるサイトや解説動画も数多く登場しているため、これらを積極的に活用しましょう。

C++の将来性

C++の将来性は、利用用途によって分かれます。先述のように、IoT関連はもちろん、自動車をはじめとする多種多様な製品での組込み開発で、C/C++が活用されています。例えばIoTの国内市場規模は拡大を続け、2026年には9兆1,181億円へ達するとまで予想されているため(IDCの調査を参照)、それに呼応して、C/C++のニーズも大きくなっていくでしょう。

一方、システムやアプリ開発の現場では多くのオブジェクト指向言語が利用されており、「C++のニーズも、C♯やSwiftなどへ移ってきている」とも言われています。そのため、こうした開発現場については、C++を使用した案件が減ることも考えられます。
しかしながらシステム・アプリ開発においてすら、「C++でこそ最適なコーディングが可能となる事柄」は存在しており、学習難易度の高さもあいまって、C++人材の希少性が高まっていくとは考えられます。逆に「システム・アプリ開発で、C++自体がまったく使われなくなる」ということは、しばらくないと考えてよいでしょう。したがって、システム・アプリ開発でもC++人材には、持続的なニーズが見込まれます。

C++案件ならFLEXYがおすすめな理由

FLEXY では、C++を使用したシステム開発の求人を多く紹介しています。システム開発・バックエンドエンジニア・ゲーム制作など多様な案件がそろっており、「探していた仕事」も見つかりやすいでしょう。また最近では、「フルリモート案件」も紹介しているため、在宅ワークを考えている方にもおすすめです。

フリーランスのC++案件・求人動向

C++の案件は、組込み開発からAI・システム・Webアプリ・ゲーム開発など幅広くあります。しかし特に需要が多いのは「アプリ・ゲーム開発」です。
これらの現場では、JavaやSwiftが使われますが、統合開発環境を利用する案件も増えています。さらに「処理が高速である」という理由からC/C++を積極的に選択する現場も多いため、求人件数も多くなりやすいのです。
また数が少ないものの、組込み開発やAI開発の求人では、C++を使用する案件がほとんどを占めています。前述している通り、これらの開発は需要が伸びているので、案件数も安定して維持されると予測されます。

C++案件・求人の報酬相場

フリーランスのC++エンジニアの平均単価としては、約60万円が目安です。最高額は160万円ほど、最低額は30万円ほどを見込むとよいでしょう。(週稼働日数は案件により異なる場合があります)
週2~3日での勤務やリモート案件でも、40〜50万円帯の単価まで期待できます。C++を実務レベルで習得しておけば、こうした副業規模の案件でも、高額な報酬を狙えます。
例えばPythonなどの軽量言語では、最低額が10万円代の場合もあるため、C++エンジニアは比較的安定した収入を得やすいでしょう。やはりC++を扱える人材は希少性が高いため、基本単価も高額に設定されていると予想されます。

実際、2020年に日経×TECHが行った調査では、C++エンジニアの平均年収は650万円で、言語別年収ランキングでは3位に入っています。

JOB SEARCH

C++案件のよくある質問

C++でリモート案件はどのくらいありますか?

C++では、リモート案件が数多くあります。そのほとんどは、Webアプリケーションやゲーム開発です。そのため、リモート案件を取得したい場合は、ゲーム開発に関連する経験を持っていると有利でしょう。例えば、UnityやUnreal EngineでC++を扱った経験や、そのほかC++を利用した制作現場に携わった経験です。また、システム開発の案件も少なくないので、C++での開発経験を持ってさえいれば、リモート案件を取得することも可能です。組込み開発については、性質上リモートでは行いづらいため、常駐での業務がほとんどです。

CとC++はどちらから先に学習した方がよいですか?

C++は、C言語よりもさらに複雑です。そのためC++を先に学習すると、途中で混乱する可能性があります。まずはC言語から学んで、使いこなせるようになった段階でC++を学んだ方がよいでしょう。この順序で学習すれば、両者の理解をより深められます。
前述の通り、C/C++の両方を使いこなせれば取得可能な案件も多くなるため、ぜひ焦らずC言語から着実に習得していってください。

C++を学習すると案件は取得しやすくなりますか?

C++は幅広い開発に使用されています。希少性も高いため、C++エンジニアを求める現場も多くなっています。特に、Pythonなどほかの言語で開発経験があり、かつC++も扱えるようになれば、取得できる案件の幅が大きく広がります。
また、C++は、オブジェクト指向やハードウェアの仕組みを理解しないと、使いこなすことが難しい言語です。その分、C++を学習することには、「そうしたコンピューター関連の知識をより深められる」というメリットも付随します。もしフルスタックエンジニアを目指すなら、多様な知識を備え、多くの言語を扱えるようになる必要があるので、その足がかりとしてC++を学習するのもおすすめです。