FLEXY FLEXY

無料登録

Angular PROJECTS

募集中 【Angular/Node.js】バルブメンテナンスシステムの追加開発支援(週1,2日出社)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日新宿
報酬:〜60万円/月

バルブメンテナンスの進捗管理をするWebアプリケーションの追加開発

・要件定義~リリース支援
・各種ドキュメント作成(検討資料、中間資料、マニュアル・設計書等)
・開発業務
・フロントエンド(画面) : Angul...続きを読む

募集中 【Java/React/Angular/Vue.js/Next.js】精密機器製造・販売会社向け基幹システム改善保守支援(週3日出社)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日品川
報酬:〜70万円/月

国内販売管理システム(Java)改善・保守

■募集背景
人員不足のため。

※働き方:週3日出社、週2日リモート。コミュニケーションのある方であればリモートの回数は減らすことも検討可。続きを読む

募集中 【Java/React/Angular/Vue.js/Next.js 】精密機器製造・販売会社の基幹システム改善保守支援

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日品川
報酬:〜66万円/月

国内販売管理システム(Java)改善・保守を行っていただきます。

■募集背景
人員不足のため。

※働き方:出社+リモート。現在テレワークを実施中(週3出社、週2リモート)。
コミュニケーションのある方であ...続きを読む

募集中 【Java/React/Angular/Vue.js/Next.js】精密機器製造・販売会社の基幹システム改善保守支援

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日品川
報酬:〜66万円/月

国内販売管理システム(Java)改善・保守をしていただきます。

■募集背景
人員不足のため。

※働き方:出社+リモート。現在テレワークを実施中(週3出社、週2リモート)。コミュニケーションのある方であれば...続きを読む

募集中 【Java/Oracle】公共向けシステムエンハンス対応支援

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日川崎 or 武蔵小杉
報酬:〜60万円/月

公共系(水道、道路、橋梁など)システムエンハンスに伴う設計・構築作業を行います。

汎用機からJAVA(OSS使用)ベースへのリプレイス再構築案件に携わります。現在PH2に着手しており、PH3のC/O予定は2026年4月です...続きを読む

募集終了 【Javascript/Typescript/AWS】補助金申請システム開発支援(フルリモート)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア
稼働日数:週5日神谷町
報酬:〜80万円/月

ユーザーストーリーを解釈しながら、下記を実施する
・詳細設計(API設計、物理設計など)を実施する
・React/typescriptで、フロントエンドを実装する
・typescriptで、バックエンドを実装する
・AWSアーキテクチ...続きを読む

募集終了 【C#/Angular/React】建築会社向け業務システム開発支援(リモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア
稼働日数:週5日岩本町
報酬:〜60万円/月

建築会社向け業務システムの実装案件になります。
C#およびAngularを用いたWebシステム開発です。
設計、実装・テストをご担当いただきます。

開発はほぼリモート対応となります。
Slackで朝夕の打合せと、仕...続きを読む

募集終了 【Java/Springboot/Angular】地銀店頭タブレットシステムの開発支援(リモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日桜木町
報酬:〜65万円/月

スクラム開発における一貫した作業(設計、実装、テスト)を行なっていただきます。

■募集背景
人員不足のため。

※働き方:リモート可(頻度は作業状況次第)。テレワーク端末が支給されるまでは出社必須。続きを読む

募集終了 【AWS/TypeScript/Java/C++/React/Vue.js/Angular】保険医療機関向けオールインワンシステムのフルスタック開発支援(リモート・一部ビジネスタイム外可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア
稼働日数:週3〜5日、ビジネスタイム以外の空き時間渋谷
報酬:〜100万円/月

保険医療機関向けオールインワンシステムのフルスタック開発支援

(タイミングに応じて可能であれば)
①継続性や非機能要件対応も含めたアーキテクチャの設計/構築
・現状アーキテクチャについて検討可能なメ...続きを読む

もっと見る

Angularとは?

AngularとはGoogleが開発したJavaScriptのフレームワークです。同じJavaScriptのフレームワークであるReactとともに人気を集めており、多くの人に利用されています。特長としては、サーバと連携する機能がある部分で、この特長によって構築できる仕組みが大幅に増えました。
また、Angularと混同されるものにAngularJSがあります。AngularJSはAngularより先にGoogleが開発したフレームワークです。しかし、AngularJSには不具合が確認されたため、Googleはフレームワークの開発をやり直し、そこから生まれたのがAngularです。

双方の違いはベースとなるプログラミング言語にあります。AngularJSがJavaScriptをベースにしているのに対して、AngularはTypeScriptがベースです。AngularはAngularJSの機能を引き継いで改良されましたが、別のフレームワークと考えられています。

Angularフリーランスエンジニアに必要なスキル

Angularフリーランスエンジニアに必要なスキルは以下の2つです。

・JavaScriptのスキル
・HTMLやCSSのスキル

Angularはフロントエンド開発で利用されることが多いので、必要なスキルは必然的にフロントエンドエンジニアと同じとなります。

JavaScriptのスキルはフロントエンドエンジニアにとって欠かせないスキルです。Webサイトに動きをつけることができるため、多くのWebサイトで利用されています。また、AngularはJavaScriptのフレームワークなので、JavaScriptを学ぶことで必然的にAngularの理解も深まります。

また、HTMLやCSSはマークアップ言語と呼ばれており、Webサイト構築においてユーザーから見える部分を開発する際に必要となる骨組みを作ります。Angular案件に限らず、多くの案件ではHTMLとCSSができることは大前提として話が進んでいきますので、早い段階で身につけておきましょう。

また、HTMLとCSSは都度アップデートを重ねており、現在のバーションはHTML5とCSS3です。最新バージョンの知識だけを把握するのも良いですが、開発の現場によっては旧バージョンの知識やスキルを必要とされることも珍しくありません。そのため、できるだけ旧バージョンの知識も身につけておくことをおすすめします。

なお、HTMLやCSSはユーザーに見られる部分に直接関わるような言語なので、ワイヤーフレーム構築の段階からデザインに関する知識とスキルも求められることがあります。

Angularに関する資格

Angularに特化した資格は現時点ではありませんが、Angularと密接な関係にあるJavaScriptの資格であれば以下の2つが挙げられます。

・CIW JavaScript Specialist
CIW JavaScript Specialistは、JavaScriptの代表的な資格の1つで、国際資格となります。試験で用いられる言語は英語のみなので、英語が理解できる人や海外で活躍したいと考えている人に向いている試験です。ただし、ある程度知識や経験を積んだエンジニアを対象としているので、初心者がいきなり取得するには高いハードルのある資格です。受験にあたってはしっかりと準備をしてから臨みましょう。

試験内容としては、以下のようなWebに関した知識やスキルが問われます。

・WebAPIの概要
・JavaScript言語オブジェクト
・JavaScriptイントロダクション

英語ができない人は英語の勉強と並行して対策する必要があり、他の資格よりも取得にかかる時間や労力が大きくなります。しかし、良いスコアが出れば世界で活躍できるという大きなメリットが得られるため、受験して損はありません。この試験の勉強方法としては公式ページの教材や書籍の利用などが挙げられます。

・HTML5プロフェッショナル認定試験
HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML5をはじめとしたJavaScriptやCSS3などフロントエンド側で使用するプログラミング言語の知識やスキルが問われる試験です。
この試験には難易度によって段階的にレベルが設けてあり、レベル1はHTMLに関した問題が出題され、レベル2ではJavaScriptに関した問題が出題されます。ただし、JavaScriptに関した資格だけ取りたいと考えている人でも、レベル2はレベル1を合格しないと受けることができません。

試験の概要としては、問題数は40〜45問で試験時間は90分です。出題範囲もJavaScriptに関連した問題やその他の分野の問題まで幅広く出題されます。

この試験の勉強方法としては問題集を解きすすめるだけでなく、イベントやセミナーへ参加することが挙げられます。この試験に関するイベントやセミナーが定期的に開催されており、内容や動向をつかむためにも積極的に利用しましょう。

Angularの習得難易度・勉強方法

AngularはJavaScriptのフレームワークであるため、習得の難易度は高くありません。主な勉強方法としては以下の3つが挙げられます。

・公式のチュートリアルを参考にする
・書籍を使って勉強する
・実際に何かを作ってみる

公式のチュートリアルを参考にする
Angularには公式のチュートリアルが存在します。公式のチュートリアルでは、Angularを用いたアプリ開発を行いながら基本的な知識を体験的に学ぶことが可能です。

また、プログラミングを学ぶ際は専門用語や環境構築でつまずくことが多く、初心者は行き詰まってしまいます。しかし、公式のチュートリアルでは用語集や環境構築のガイドが丁寧に記載されているため、初心者でもスムーズに学習することが可能です。

Angularに関する書籍は多く出版されており、書籍でも十分に学習できます。

注意点としては、いきなり上級者向けの書籍を購入しないことです。他の言語やフレームワークに慣れていたとしても、上級者向けの書籍を購入すると効率の良い学習はできません。そのため、効率的かつ根深く学習するためにもまずは入門編で全体像を掴んでから上級者向けの書籍を購入しましょう。

ある程度知識をインプットしたら実際に何かを作ってみましょう。作るものに指定や制限はありません。とはいえ、いきなり複雑なものを作ろうとすると行き詰まってしまうので、簡単な管理画面などから始めることをおすすめします。

制作の途中でわからないことが出てきた場合は、公式チュートリアルや書籍を振り返って確認してみましょう。トライ&エラーを繰り返すうちに自然にAngularが定着してきます。

Angularの将来性

Angularは利用する企業が多いことから関連する案件も増えており、しばらくの期間においては将来性が高いと言えます。

現在、IT業界ではエンジニア不足が問題視されており、できるだけ開発の効率や生産性を上げたいと考えています。そこで、期待されているのがAngularです。
Angularは生産性を向上させる特長があるため、エンジニア不足のIT業界で重宝されるフレームワークになっています。また、Googleが開発しているため、今後も定期的なアップデートが続くと予想されます。

Angular案件ならFLEXYがおすすめな理由

FLEXYにおいてはリモートでの作業が可能であり、週1〜3日で稼働できる案件もあるため、ライフスタイルに合わせた働き方を選べるようになります。Angularエンジニアとして活動する場合には、ゆとりをもって稼働したいと考える方もいます。

しかし、通常ではリモート可能や週1〜3日で稼働といった好条件の案件は限られています。その点で、FLEXYでは上記の条件に当てはまる案件が複数存在するため、ゆとりをもって稼働したいエンジニアの人におすすめできます。

フリーランスのAngular案件・求人動向

エンジニア不足が影響し、Angular案件は多く募集があるのが現状です。また、自社開発でリモート可能な案件も多く見られます。

Angular案件でよく見られる必須条件や歓迎条件には以下のものがあります。

・設計からテストまでを行った経験がある
・WebAPIの開発経験がある

これからAngular案件に手を出そうと考えている人は、これらの知識や経験を深めておくと、案件を受注できやすくなると考えられますので、事前に習得しておきましょう。

Angular案件・求人の報酬相場

Angular案件の報酬相場は月収で50万円〜70万円です。実際に掲載されているAngular案件の報酬も50万円〜80万円の範囲となっています。

また、フリーランスの場合、報酬は実務経験の年数に比例し、年収が1,000万円を超えるエンジニアも存在します。そのため、実力に見合った報酬が欲しいと考えているエンジニアはフリーランスに転身するのも選択肢の1つです。

JOB SEARCH

Angular案件のよくある質問

AngularとReactではどちらがおすすめですか?

Angularと同等の人気があるライブラリにReactがあります。JavaScriptを扱うエンジニアは、どちらを学習したら良いのか判断に迷うこともあります。結論として、おすすめのフレームワーク・ライブラリは開発しようとしているものによって異なります。例えば、開発プロジェクトの規模が大きい場合はAngularがおすすめです。しかし、デザインや機能を重視する場合であればReactがおすすめとなります。
どちらを選んでもエンジニアとしては活躍できるので、今から開発しようとしているものを参考に選びましょう。

Angular案件で在宅・リモートでできるものはありますか?

現在、掲載されているAngular案件のほとんどはリモート可能となっています。
リモート可能なAngular案件の特長としては自社開発の案件が多いことが挙げられます。また、週3日稼働や週3〜5日稼働の案件など幅広く存在します。

Angularのフリーランスエンジニアとして稼ぐためにはどうしたらよいでしょうか?

フロントエンド開発の経験を積みましょう。実際に、募集条件として開発経験3~5年以上、などが挙げられている場合も多くあります。経験があればあるほど、単価も上がりやすいでしょう。

Angular案件を
稼働日数から探す

JavaScriptの他のフレームワーク