アートディレクターのフリーランス案件| 年収や高単価案件獲得のポイント解説

アートディレクターがフリーランスや副業で活躍するには? 高単価案件獲得のポイントや気になる年収を解説

今後、ますます高度化、専門化、先端化することが予想される広告市場や動画業界で、よりハイスキルな管理能力やデザイン能力を持ったアートディレクターの必要性が高まっていくと考えられます。
そんなアートディレクターの仕事内容からフリーランスとして働く場合の年収や実際の募集案件をご紹介しています。またフリーランスになることのメリット/デメリットや高単価案件を獲得するために身につけるべきスキルについても解説していますので、ぜひご覧ください。

アートディレクターのフリーランス案件をまずは見たいという方はフリーランスアートディレクターの案件例をご確認ください。

アートディレクターの主な仕事内容

アートディレクターは、広告、WEBサイト、映像制作などのプロジェクトにおいて、ビジュアルコンセプトとデザインの監修を行う職種です。
具体的には以下のような業務が挙げられます。

  • コンセプトの立案
    クライアントからの企画要件をもとに、デザインの方向性、色彩、レイアウト、グラフィックス、イメージ素材の選定など、視覚的な要素を組み合わせて最適なコンセプトを立案する

  • プロジェクト管理
    デザイナーやコピーライター、フォトグラファー、映像制作スタッフなどと連携しながら、デザインの品質、スケジュール、予算等の管理を行う

  • デザイン制作
    制作現場に立ち合いながら、チームメンバーが手がけたロゴデザイン、広告ビジュアル、パッケージデザイン、ウェブデザインなどを、よりコンセプトに見合ったものに昇華させる

  • プレゼンテーション
    納品に際して、クライアントにむけて制作したデザインのプレゼンテーションを行い、デザインに込められた意図やガイドラインを適切に伝える

アートディレクターは、プロジェクトのビジュアル表現において中心的な役割を果たすため、クリエイティブな視点やデザインの知識に加えて、リーダーシップとコミュニケーション能力が求められます。

アートディレクターの年収相場

正社員アートディレクターの平均年収

アートディレクターの平均年収は正社員の場合523万円で、給料分布としても400〜600万円の層が大半を占めています。
中には900万程度を稼いでいるアートディレクターもおり、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると見受けられます。

出典:アートディレクターの年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

フリーランスアートディレクターの平均年収

フリーランスのアートディレクターの平均年収は700~800万円程度と言われています。しかし、フリーランスであれば複数案件を掛け持ちすることも可能で、アートディレクターは管理業務が多く実務作業は比較的少ない傾向にあるため、案件の掛け持ちも行いやすいと言えます。
うまく案件管理ができれば、年収1,000万以上となるケースも十分ありますので、自身のスキルに応じて案件数を調整すると良いでしょう。

フリーランスのアートディレクターで活躍したい方は、FLEXY(フレキシー)への登録がおすすめです。
FLEXYではアートディレクターが活躍できる案件を多数取り扱っていますので、ぜひFLEXYへご登録の上興味のある案件にご応募ください。

FLEXYに登録する

フリーランスのアートディレクターの案件例と案件獲得のポイント

ここからは、FLEXYで掲載しているアートディレクターのフリーランス案件と高単価案件獲得のポイントをご紹介します。案件の募集状況は随時変わりますので、興味のある募集案件がありましたら早めにご応募ください。

フリーランスアートディレクターの案件例

WEB広告市場の拡大によりアートディレクターの案件はWEB関連の案件が増えていますが、FLEXYではWEB関連に限らずさまざまな条件の案件募集があります。

イラスト制作事業などを展開する企業でアートディレクター支援

キャラクターに強い企業様で、グラフィックデザイン・パッケージデザイン・SNSゲームイラスト制作、印刷全般、グッズ制作などを行っており、有名アニメ、漫画のイラストに携わることができます。20代の方も挑戦活躍できる環境です。

■案件概要

  • 職種:アートディレクター
  • 稼働日数:週4〜5日
  • 報酬:〜40万円/月
  • 勤務地:仲御徒町
  • リモート:可

■募集背景

現在営業を強化しており、社内の体制も強化していくにあたって募集となりました。

■業務内容

基本的には社内の制作チームのADとして外部のイラストレーターの方達のデザインディレクションとコントロールを行います。場合によってはイラスト作成対応も発生する可能性があります。

  • アートディレクターとしてのディレクション業務
  • 2Dイラスト制作業務

■必須要件

  • 2Dイラスト作成のご経験
  • CLIP STUDIO PAINT、 PhotoShopでの作業経験のある方

■歓迎要件

  • アートディレクションのご経験(※アートディレクターの経験はなくても準ずる業務経験がある方でも歓迎)
  • Illustratorでの作業経験のある方

他のアートディレクター案件も見てみる >>

新規開発ゲームのアートディレクション

某有名ゲームを制作している企業様でアートディレクションに携わっていただきます。コンシューマゲームでのデザイン経験がある方歓迎です。

■案件概要

  • 職種:アートディレクター
  • 稼働日数:週1〜3日
  • 報酬:〜60万円/月
  • 勤務地:小川町
  • リモート:可

■業務内容

現在、コンシューマゲーム向けタイトルを開発をしておりプロトタイプが本年3月末に終了し、本開発を進めております。新規IPタイトルのUIUXを含むアートディレクションを行なって頂きます。ご経験を聞きながら、お任せしたい領域を考えさせていただければと存じます。

■必須要件

  • アートディレクションのご経験
  • UIUXを中心としたゲームデザインのご経験

■歓迎要件

  • コンシューマゲームでのデザイン経験

他のアートディレクター案件も見てみる >>

自社開発のオンライン商談ツールにおけるアートディレクション支援

自社サービスののUX〜デザインまで携われるディレクション案件です。ディレクターとしてのプロジェクト牽引力に長けた方向けの案件です。

■案件概要

  • 職種:Webディレクター、アートディレクター
  • 稼働日数:週3〜5日
  • 報酬:〜80万円/月
  • 勤務地:肥後橋駅
  • リモート:可

■業務内容

自社サービス(オンライン商談ツール)のアートディレクション業務を行なっていただきます。

  • ユーザー向けweb ページなどのUIUX設計、デザイン
  • デザインへの提案、スケジュール調整
  • 機能の再検討、画面の再設計
  • PMの考えを具現化し、アウトプットを出していく(※XDなど、可能であればプロトタイプ的なもの作れると尚可)

■必須要件

  • アートディレクション/WEBディレクションのご経験
  • UI/UXのデザイン経験
  • 作業をするだけでなく、タスクを生み出せる方
  • 経営レイヤーとの折衝経験
  • コミュニケーションのための導線検討の経験
  • 0-1やスタートアップでの経験

他のアートディレクター案件も見てみる >>

日常に溢れるモノゴトの再解釈に挑戦する企業でのアートディレクター支援

東京を拠点にグローバルに活動し、経営層直下のクリエイティブディレクター案件を複数持っているデザインスタジオです。デザイナーとして多方面で活躍する代表のもと、刺激的な環境で働くことができることも魅力の1つです。

■案件概要

  • 職種:アートディレクター
  • 稼働日数:週3〜5日、ビジネスタイム以外の空き時間
  • 報酬:〜64万円/月
  • 勤務地:渋谷
  • リモート:可
  • 土日OK

■募集背景

東京を拠点にグローバルに活動し、経営層直下のクリエイティブディレクター案件を複数持っているデザインスタジオです。主にコーポレートブランディングにおける上流案件を行っています。
直クライアントである大手薬局企業のクリエイティブ周りを代表がチーフクリエイティブディレクターとしてクライアント社長と並走しながら行っております。クライアント側にデザインノウハウがないため、自社のデザイナーを増やし、対応できる体制を強化したい意向です。

■業務内容

  • デジタルプロジェクトデザイン
    • デジタルサービスのコンセプトやガイドライン、CIVIの整理〜デザインのディレクションを実施して頂きます。
  • グラフィックプロジェクトデザイン
    • 日用品などのプライベートブランドにおけるパッケージのグラフィックデザインのディレクションを実施して頂きます。

■必須要件

  • Illustrator / Figma / Photoshopでのデザイン経験
  • デザインディレクション経験

他のアートディレクター案件も見てみる >>

サブスク教育サービスのUI/UXデザイン・アートディレクター支援

海外向けにもサービスを展開しており、今後グローバルなスケールが見込めます。全体設計や実装のアドバイザリーなどのブレーンとして活躍したい方歓迎です。

■案件概要

  • 職種:UI/UXデザイナー
  • 稼働日数:週2〜3日、ビジネスタイム以外の空き時間
  • 報酬:〜48万円/月
  • 勤務地:神泉駅
  • リモート:可
  • 土日OK

■業務内容

自社サービスである、オンラインプログラミングスクールのUI/UXデザイン、アートディレクター業務をお任せします。今後、こちらのサービスをサブスクモデルのSaaS型に切り替え、グロースハックしていく予定です。手を動かすところは自社で行う(コーディングなど)ため、全体設計や実装のアドバイザリーなどのブレーンとして動いていただけると幸いです。

■必須要件

  • WEBデザイナーとしてのご経験3年以上
  • UI/UXのご知見
  • サブスク型またはSaaS型での、toC向けサービス経験
  • グロースハックのご経験

他のアートディレクター案件も見てみる >>

教育系企業でのアートディレクター/CDO業務

「世界の社会問題を解決する」ことをミッションとし、主に「教育」のアップデートをすべく、スクール事業や教育事業者向けITソリューション事業などを展開している企業です。CICVやブランディングの観点からデザインの検討ができる方歓迎です。

■案件概要

  • 職種:CDO
  • 稼働日数:週2〜3日
  • 報酬:〜32万円/月
  • 勤務地:五反田駅
  • リモート:可

■業務内容

アートディレクター/CDO的なポジションで、役員の方の壁打ち、今後の方向性のディスカッションを行っていただきます。全事業のデザイン統括です。CICVやブランディングの観点からデザインの検討をお願いします。
※まずはアドバイザリーのご支援

■必須要件

  • UIUXデザイン経験
  • HCD(人間中心設計)の観点からフレームワークでUIUXを学んでいる
  • 経営視点、役員とのコミュニケーションが可能

■歓迎要件

  • CI/CVやブランディングに関わったご経験

他のアートディレクター案件も見てみる >>

高単価案件を獲得するには

後述するスキルを高めることで安定した案件獲得に繋がりますが、その上でより高単価な案件を獲得していくための秘訣をご紹介します。

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオは、アートディレクターが持つクリエイティブなアイデアやビジョンを表現するための媒体です。自身がこれまでに手がけたプロジェクトを通じて、デザインのコンセプトやアートディレクションの視点を伝えやすく、新規のクライアントはあなたの能力や経験を適切に評価しやすくなります。

そのため、優れたポートフォリオを持っていることは、新規のクライアントや高単価案件の獲得につながる可能性が高いです。
デザイナー職向けにポートフォリオ作成のポイントを以下の記事で紹介していますので、こちらもご参考にしてみてください。

マーケティング視点を持つ

アートディレクターの業務範囲や必要な知識は、案件によって異なりやすいです。なぜなら、携わる案件の業界に関する理解が深くないと、ユーザーに刺さるクリエイティブを生み出すことは難しいからです。
デザインコンセプトを打ち出す上で表層的なデザインだけではなく、5W1Hに則ったマーケティング視点を強く意識してアイデア立案できると、成果につながるクリエイティブが生まれやすく、そうした積み重ねが高単価案件に繋がります。

未経験からフリーランスを目指すには?

未経験からフリーランスアートディレクターとして独立を目指す場合に経験しておくべき職種や習得しておくべスキルについて解説します。

まずはここから!ファーストキャリアにおすすめの職種4選

アートディレクターは幅広いデザイン知識を備えた上で、プロジェクトメンバーの統率するための高いコミュニケーションスキルやリーダーシップが求められる難易度の高い職種です。

これからアートディレクターを目指そうとお考えの方は、まずは以下に挙げたような職種からスタートして実務を経験し、スキルを磨くことをおすすめします。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、依頼されたWebサイトのデザインを担当することです。

Webサイトの構成とレイアウトを決め、Webサイトのデザインを作り、コーディングを行います。

UI/UXデザイナー

UI/UXデザイナーも重宝されるデザイナー職種です。
UIとはユーザーインターフェイス(User Interface)の略称です。UIデザイナーとはユーザーが使うインターフェイス、サイト画面などをベストな状態にデザインする職種です。Webデザイナーは、UIデザイナーの一種と言えます。
UXとはユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略称です。ユーザーが使いやすい理解しやすいように、またわかりづらいなどと言って離脱しないように、ユーザーの体験の向上を目的に製品やサービスをデザインすることをUXデザインと呼びます。

グラフィックデザイナー/DTPデザイナー(印刷物)

印刷物のデザイナーの仕事になった時に、一緒によく目にするのが「DTP」です。DTPの意味は、Desk Top Publishing(デスク トップ パブリッシング)というパソコンで出版物を作成することを指します。

グラフィックデザイナーは、DTPの知識を考慮し、デザインをする仕事です。

イラストレーター

イラストレーターは、書籍や雑誌、広告、パッケージ、ウェブサイトのイラスト制作、ゲームやアニメーション、企業のマスコットキャラクターのデザイン、トークアプリ「LINE」のスタンプ制作、NFTアート制作などを行う職種です。手軽に始めやすく、イラストレーターになるためのスクールもあるため、デザイナー職種の中でもファーストキャリアとしておすすめです。

フリーランスや副業のディレクター・エンジニアとして働き始めたいとお考えであれば、FLEXYへの登録がおすすめです。
FLEXYではアートディレクターや上記で紹介したエンジニア職種の業務委託案件を多数取り扱っています。ぜひFLEXYへご登録の上、興味のある案件にご応募ください。

FLEXYに登録する

フリーランスで活躍するために押さえておきたいスキル

デザイン・クリエイティブスキル

アートディレクターはプロジェクトの進行管理がメインとなる業務で制作に関わること自体はあまり多くありません。しかし、そもそものデザインやクリエイティブスキルがないと適切な判断を下したり、チームメンバーへのデザインの改善要望も出せないため、これらのスキルを習得しておくことは必須と言えます。

マネジメントスキル

アートディレクターの大きな役割の1つはプロジェクトメンバーに指示を出すことです。そのため、目標を明確にしたり、各メンバーの仕事を適切に管理し、質を担保しながらいかに滞りなくプロジェクトを進められるかが非常に重要です。

このスキルが高いほどアートディレクターとしての市場価値は高まり、どんな案件でも歓迎されやすくなると言えるでしょう。

コミュニケーションスキル

円滑に案件を進めるという点では、コミュニケーションスキルも大事です。
アートディレクターは制作過程でクライアントやプロデューサー、プロジェクトメンバーなど多くの関係者とやりとりをする必要があり、また案件ごとにそれらのメンバーは変わってきます。そうした条件下で、要件定義や適切な行動指示を行うためには意図を正確に伝えるコミュニケーションスキルが必要不可欠です。

アートディレクターが独立するメリット・デメリット

メリット

まずフリーランスのアートディレクターとして働くメリットをご紹介します。

大幅な収入UPが期待できる

フリーランスは案件を受ければ受けるだけダイレクトに収入につながるため、正社員よりも収入が上がる可能性が高いです。 特にアートディレクターは前述した通り、複数案件を掛け持つことで大幅に収入をアップすることも比較的実現しやすく、フリーランスになる最大のメリットと言えるでしょう。

より充実したプロジェクト稼働ができる

フリーランスとして働くことで、興味のある業界やプロジェクトを自由に選ぶことができます。また会社独自の縛りなどからも開放され、より柔軟な発想と創造力を発揮して自分のアイデアやビジョンを自由に表現することができます。自分の興味や得意分野に合った案件に集中することで、より充実したワークライフを過ごすことができます。

働く時間や場所が自由

案件の選択と同様に、働く時間や場所についても自由に選択できます。正社員であれば場所や勤務時間は大きく制限されますが、新しい環境にチャレンジして自分の好きな地域へ移住したり、旅をしながら仕事をするライフスタイルも選択可能になります。

長時間勤務することや通勤時間がもったいないと感じる方は、フリーランスになることは大きなメリットです。

デメリット

続いて、フリーランスアートディレクターとして働くデメリットもご紹介します。

収入が不安定になりやすい

フリーランスのアートディレクターは、仕事が発注されたり、受注できたりしない場合は収入が得られません。また、受注できたとしても、仕事量や納期、報酬額などが一定ではなく、収入が不安定になる可能性があります。収入が不安定になると、生活費を捻出できなくなる可能性があるため、収入管理や予算管理をしっかり行う必要があります。

キャリアプランの見通しが立ちにくい

フリーランスの場合、専門性やスキルの向上が重要ですが、経験の幅を広げる機会や大規模なプロジェクトへの参加が限定される可能性や、企業での勤務経験やネットワークの構築に比べてキャリアの成長が制約される場合もあります。
市場から求められる人材として常にスキルをアップデートしていかないと案件を受けられなくなるので、将来的なキャリアプランの見通しが立ちにくいと言えます。

各種書類手続きを自分で行う必要がある

アートディレクターに限ったことではありませんが、フリーランスや個人事業主は以下に挙げたような各種書類手続きが必要となります。こうした雑務処理のことを計画に入れずに独立すると、思っていた働き方とギャップが生まれ、かえって働きにくくなる可能性もあるので注意しましょう。会計士や税理士のサポートを受けることも有効な手段ですので、どのように対応するのが自分にあっているか検討してみてください。

開業届
開業届はフリーランスや個人事業主が事業を開始する際に提出する書類で、税務署への届出によって、法的に事業主として認められることになります。
個人事業主の開業届の書き方や入手・提出方法、注意点については以下の記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

納品書
個人事業主やフリーランスにとって納品書は、正しく商品やサービスをクライアントに納入した事実を証明する重要な書類です。発行義務はありませんが、納品書を発行しておくことで得られるメリットはいくつもあります。
個人事業主にとっての納品書の役割やメリット、請求書との違いなどについては以下の記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

請求書
個人事業主やフリーランスにとって請求書は、提供したサービスや販売した商品の代金を取引先に対して請求するための書類で、取引完了の証明でもあり、売上の確定や支出の管理に欠かせないものです。
個人事業主が請求書を発行する際に気をつけることや書き方、紙面と電子版の比較などについては以下の記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

また、2023年10月からはインボイス制度が施行され、請求書に記載すべき項目が変更されます。
具体的なインボイス制度の請求書記載例については以下の記事でご紹介していますのでこちらもご覧ください。

経費計上
経費(必要経費)とは、事業を行う上で発生した諸費用のことです。例えば、納品物を作成する際に使用するPCなどの器具備品等です。基本的には、「事業に関係した経費であること」を説明できれば、何でも必要経費として計上できます。逆に、事業に関係していない個人的な支出は、必要経費にできません。
フリーランスのエンジニア・デザイナーが必要経費にできる/できないもの、よく使う勘定科目の例などについては以下の記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

まとめ

情報飽和時代の現代で、デザインで世の中に新たな価値を生み出し競合と差別化が図れるアートディレクターの需要は高まっています。とはいえ、アートディレクターは難易度の高い職種で、フリーランスとして生計を立てるためにはこれまでご紹介したスキルや知識、経験を積む必要があります。どうキャリアを積み上げ、自分の個性を打ち出していくかしっかりと考えスキルアップを怠らない様に心がけていくことが大切です。

フリーランスエージェントを活用することにより手続きの相談をすることができますので、豊富な知識を元にアドバイスをもらうのもお勧めです。FLEXY(フレキシー)ではアートディレクターが活躍できる案件を多数取り扱っていますのでぜひFLEXYへご登録の上、興味のある案件にご応募ください。

FLEXYに登録する

FLEXYとはABOUT FLEXY

『FLEXY』はエンジニア・デザイナー・CTO・技術顧問を中心に
週1~5日のさまざまな案件を紹介するサービスです