WEBディレクターがフリーランスで高年収を稼ぐには?案件例や年収相場解説

WEBディレクターのフリーランス市場動向| 独立後の年収や高単価案件獲得のポイントを解説

本記事ではWEBディレクターのフリーランスとして働く場合の仕事内容や年収、実際の募集案件をご紹介しています。また案件探しにおすすめなフリーランスエージェントや独立することのメリット・デメリット、高単価案件に求められるスキルについても解説していますので、是非ご覧ください。

まずはWEBディレクターのフリーランス案件が見たいという方はフリーランスWEBディレクターの案件例をご確認ください。

WEBディレクターの仕事内容と関連職種

WEBディレクターの仕事内容

WEBディレクターは、WEBサイト構築の運用全般に関わり、全体指揮をとるWEB制作の責任者としての役回りを果たします。具体的な業務は以下のようなものが挙げられます。

  • WEBサイトの戦略立案
    ビジネス目的やターゲットオーディエンスを理解し、ウェブサイトの戦略立案や仕様書の作成

  • コンテンツ管理
    プロジェクトにかかる予算や工数管理、またプロジェクトメンバー/外部のWEB制作会社/フリーランスなどプロジェクト関係者の進捗管理

  • WEBサイトの開発・保守
    WEBサイトリリース後の保守・運用として、アクセス解析やKPIの設定、改善施策の検討・実装

デザインやコーディング、コンテンツ制作、UI/UX設計などの実務作業は、それぞれの作業を専門に行うWEBデザイナーやWEBコーダー、WEBエンジニア等が行うことになりますが、それらのプロジェクトメンバーを統括し、最終的にクライアントのニーズを満たすWEBサイトを作り上げられることが要求されます。
このように管掌範囲が非常に広いため、案件によっては複数のWEBディレクターが入り、それぞれの得意領域の統括に特化してプロジェクトを推進する場合もあります。

WEBディレクター案件をお探しの方はFLEXY(フレキシ―)の利用がおすすめです。高単価な自社プロダクト案件をはじめさまざまなWEBディレクター向けの案件をご紹介しています。まずはサービス詳細をご覧ください。

FLEXYサービスを見る

WEBディレクターと関わりが深い職種

前述したように、WEBディレクターはさまざまな職種のメンバーと一緒にプロジェクトを進めることが多いです。ここでは、WEBディレクターがよく関わる職種について紹介します。

WEBデザイナー

WEBデザイナーはWebに関するデザイン業務を担当する職種です。UI/UX設計やグラフィックデザインなどを通してユーザビリティの高いWEBサイト構築が求められます。

厚生労働省が運営する「job tag」によるとWEBデザイナーはフリーランスとして活躍する方の割合が多い傾向にあるようです。WEBデザイナーにも興味がある方はぜひフリーランスのWEBデザイナー案件情報も確認してみてください。

出典:厚生労働省「job tag」

WEBエンジニア

WEBエンジニアはウェブサイトやアプリケーションの開発、デザイン、保守、改善など、デザイン以外のWebサイト開発全般に関わります。そのため、フロントエンド、バックエンド両方の言語スキルやサイト運用、セキュリティスキルなどが求められます。

詳しいWEBエンジニアの仕事内容やフリーランスに求めらるスキルなどを紹介した記事もあわせて参考にしてみてください。

WEB(HTML)コーダー

WEB(HTML)コーダーは、コーディングによってWEBサイトを構築する職種です。WEBデザイナーが作成したサイト設計に基づいて、WEBコーダーがコーディングを行うことが多いです。
WEBコーダーは始めやすい職種である一方で、ノーコード・ローコードツールによる自動化によって、WEBコーダーが専門的に行っていた作業が不要になる可能性が高く、将来的に需要がなくなっていくと考えられています。

WEB(HTML)コーダーのキャリアパスについて詳しく解説した記事もありますので、こちらもご参考ください。

WEBディレクターの年収相場

正社員WEBディレクターの平均年収

WEBディレクターの平均年収は、正社員の場合、約498万円で、給料分布の割合の多くは478〜542万円の層に含まれているようです。

一方で全体の給与幅としては352〜858万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによって大きく左右されるような職種となっています。

出典:WEBディレクターの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)

フリーランスWEBディレクターの平均年収

フリーランスのWEBディレクターは、年収が600~1,000万円程度です。正社員と比較した場合、200~300万程度年収アップする可能性は高いです。また、さらにハイスキルであれば120万/月などの案件もあり、年収1,500万程度も目指すことができます。

その他のエンジニア職フリーランスの年収相場が気になる方はこちらの記事に掲載していますのでご覧ください。

フリーランスWEBディレクターとして働き始める場合には、FLEXYへの登録がおすすめです。
FLEXYではWEBディレクターが活躍できる案件を多数取り扱っていますのでぜひFLEXYへご登録の上、興味のある案件にご応募ください。

FLEXYに登録する

案件探しにおすすめなフリーランスエージェント5選

個人の人脈やアウトソーシング型のサイトだけでは安定してフリーランス案件とマッチングするのは難しいです。高単価な案件を安定して獲得したいとお考えであれば、フリーランス向けのエージェントサイトに登録するのがおすすめです。ここではWEBディレクターにおすすめのエージェントサイトを5つ紹介します。

FLEXY

flexy_top

サービス名FLEXY
HPhttps://flxy.jp/
案件数約3,000件
特徴大企業からスタートアップベンチャーまで自社プロダクト案件が多く揃う
週1-5日、フルリモート可、100万/月以上など、さまざまな環境や条件の面白い案件への挑戦が可能
福利厚生フリーランス協会が提供する「ベネフィットプラン」やIT/Webトレンドが学べる勉強会あり

FLEXYの案件サイトを見る

Midworks

Midworks

画像引用:Midworks

サービス名Midworks
HPhttps://mid-works.com/
案件数約9,000件
特徴利用者の平均年収は840万円以上で非公開案件も多数あり
Webディレクター向けの案件も多数紹介中
福利厚生経理支援クラウドシステムの利用料負担、スポーツクラブ利用などの福利厚生サービスあり

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

画像引用:ITプロパートナーズ

サービス名ITプロパートナーズ
HPhttps://itpropartners.com/
案件数約4,000件
特徴週2~3日から働ける案件やリモート案件を多く紹介中
Webディレクター案件も数多く扱っており、実務経験があれば高単価案件を獲得可能
福利厚生ITプロトータルサポート(賠償責任保証、所得補償制度など)あり

レバテッククリエイター

レバテッククリエイター

画像引用:レバテッククリエイター

サービス名レバテッククリエイター
HPhttps://creator.levtech.jp/
案件数約1,000件
特徴Web・ゲーム業界などのクリエイター専門エージェント
70~90万/月のWEBディレクター案件が多く揃う
福利厚生レバテックプラットフォームで市場分析や案件・企業の評価が閲覧可能

geechs job

geechs job

画像引用:geechs job

サービス名geechs job
HPhttps://geechs-job.com/
案件数約3,000件
特徴関東・関西・福岡・名古屋エリアを中心にリモート可能な案件を多く取り扱う
開発案件に強く、WEBディレクター案件も取り揃う
福利厚生ITフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」が利用可能

フリーランスで活躍するための必須スキル

ここまで、フリーランスWEBディレクターとしての仕事内容や案件動向をご紹介してきましたが、ここで独立するために押さえておきたい必須スキルを確認していきましょう。

WEB制作全般の知識・経験

WEBディレクターとして活躍するには

  • WEBマーケティングの知識・運用スキル
  • 広告・PRの知識
  • WEBデザインの知識・スキル
  • インターネットビジネスの知識

など、WEB制作全般に関する知識や経験が必要です。

なぜなら、WEBディレクターはWEBデザイナーやプログラマーなど実務を担当するプロジェクトメンバーに指示を出す役割を担います。それぞれの職種の業務内容についてある程度以上の知見がなければ、適切な指示を出せません。また、案件ごとに必要な知識も異なってくるので、1つでも多くの業務理解がフリーランスとしての価値を高めます。

リーダーシップ

前述の通り、WEBディレクターはプロジェクトメンバーに指示を出す役割を担います。
そのため、WEBサイトの構築を滞りなく進めるために、目標を明確にしたり、各メンバーの仕事の仕方に合わせ、モチベーションの上がるような環境を作るなどしてチームを牽引するリーダシップ力を発揮することが非常に重要です。

パートナーシップ構築スキル

WEBディレクターはリーダーシップだけではなく、パートナーシップも求められます。社内であればチームメンバー、社外であれば外部のパートナーといった、プロジェクトと関係する人たちの橋渡しを円滑に行えるかはプロジェクトを成功させる上で非常に重要なファクターです。

日頃からそのことを意識してコミュニケーションしたり、適切なフォローやケアを行いましょう。

フリーランスWEBディレクターの案件例と案件獲得のポイント

ここからは実際に募集があった案件の事例と高単価案件獲得のポイントをご紹介します。具体的な案件の応募条件や業務内容に興味があったり、高単価案件をお探しの方はぜひご参考ください。

フリーランスWEBディレクターの案件例

パン業界のDX推進をする企業でWebディレクター支援

複数メディアに出ており、2022年に約6億円の資金調達を実施し、累計調達額は約10億円し社会からも投資家からも非常に注目度の高い企業様です。急成長中の企業様でのプロダクトグロースに向けた指標数値の分析が主な依頼内容となります。

パン業界のDX推進をする企業でWebディレクター支援

現在募集中のWEBディレクター案件を探す >>

SNSマーケティングの支援サービスを行う企業でのSNS運用代行に関するWebディレクション支援

この企業は、SNSマーケティングに大規模な予算を投下できない事業者にこそ活用してもらいたいという想いで、小規模から始められるSNSマーケティング支援を提供しています。事業拡大フェーズに関わることができます。

SNSマーケティング支援を提供する企業でSNS運用代行のWebディレクション支援

現在募集中のWEBディレクター案件を探す >>

ファッションWEBメディアを運営する企業での動画マーケティングに関するディレクター支援

アメリカで創刊したファッション業界専門誌の日本版の出版・販売を行う会社様で国内外で非常に知名度の高いコンテンツに関わることが可能です。

ファッションWEBメディアを提供する企業で動画ディレクター支援

現在募集中のWEBディレクター案件を探す >>

Web3ゲームのパイオニア企業でのゲームディレクション支援

Web3ゲームの企画側とエンジニア&クリエイティブ側の架け橋としての折衝や、開発進捗の管理はもちろん、ゲームの仕様設計にも携われるポジションを担当して頂きます。Web3ゲームという新しいコンテンツに挑戦したいゲームディレクターの方や、ディレクションのみならず企画設計まで手を広げて参画したい方向けの案件です。

ブロックチェーン×エンターテインメントで新たな経済圏を創りだすことを目指す企業でゲームディレクション支援

現在募集中のWEBディレクター案件を探す >>

通信業界でGoogleAnalytics運用と移管業務の支援

WEBディレクターとしてGoogleAnalytics運用と移管業務の支援にご経験を活かして携わることができます。

現在募集中のWEBディレクター案件を探す >>

アニメ・マンガ特化型SNSの構築のディレクション支援

企業がベンチャーフェーズのため、追加機能や新規サービスの企画・検討段階から参加し、開発ディレクション〜検証までを一気通貫で担当していただきます。
アニメや漫画が好きな方におすすめの案件です。

現在募集中のWEBディレクター案件を探す >>

ヘルスケアサービスを提供する企業でのwebディレクション支援

ヘルスケア分野のイノベーションを目指している企業様で、より使いやすいECサイト設計を必要としている案件です。医療ドメインに興味のある方は勿論、WEBディレクションにお強みを持たれている方からのご応募お待ちしております。

現在募集中のWEBディレクター案件を探す >>

高単価案件を獲得するには

前述した、フリーランスとして活躍するための必須スキルを高めることで安定した案件獲得に繋がりますが、その上でより高単価な案件を獲得していくための秘訣をご紹介します。

データ分析・課題抽出スキルを高める

一通りプロジェクトを牽引しながらも、制作したWEBサイトのさらなる改善に向けた高度な分析力があるとより市場価値の高いWEBディレクターとして高単価案件に携われる可能性が高くなります。

高度な分析に自信がなくても、TableauやGoogle Analyticsといったデータ分析ツールの作業スキルがあるだけでもアピールポイントになりますので、是非習得を目指しましょう。

法律の知識を身につける

WEBサイトの運用及び品質保持において関連法規の順守は必須です。代表的な関連法規として、個人情報保護法、景品表示法、著作権、知的財産権などが該当し、これらの法律に関する知識が求められています。こうした知識を熟知した人材はなかなかいないため、大きな強みになります。

ぜひ積極的に勉強することをおすすめします。

フリーランスWEBディレクターのメリット・デメリット

ここからは、フリーランスのWEBディレクターとして働くメリットやデメリットをご紹介します。

メリット

まずはフリーランスのWEBディレクターとして働くメリットをご紹介します。

正社員より高年収が期待できる

フリーランスのWEBディレクターは近年需要が高い状態にあり、高いスキルがあれば、企業内で働くよりもフリーランスになることで大幅に年収をUPさせることが可能です。
また年功序列の影響を受けなかったり、契約金がダイレクトに収入につながるので、契約金自体が高くなくても正社員時代より高年収となるケースも多くあります。

また、WEBディレクターはパラレルワーク等の新しい働き方で働く職種としてもおすすめです。

WEBディレクターが不足しており売り手市場になっている

前述の通り、WEBディレクターの仕事は、幅広い知識とマネジメント能力が要求される難易度の高い職種のため市場の需要に対し、WEBディレクター人材が非常に少ない状況となっています。

そのため、WEBディレクターは完全な売り手市場なので、フリーランスとして活躍すれば正社員として働くよりも多くの高単価案件に関わることができる可能性が高いです。

セカンドキャリアを考えやすい

WEBディレクターはさまざまな職種に対して一定以上の知識が求められるため、フリーランスとしてさまざまな案件を経験することで自ずと各分野に対する知識やスキルも磨きやすいです。

主なWEBディレクターからのセカンドキャリア候補としては以下のような職種があります。

WEBプロデューサー
Webプロデューサーは、Webサイトの制作におけるプロジェクト全体の統括責任者で、WebディレクターはWebプロデューサーの指示に基づいてプロジェクトの制作現場を指揮するような関係性です。Webディレクターとして経験を積み、その上でプロジェクト全体の管理も行いたいのあれば、Webプロデューサーへのキャリアアップがおすすめです。

詳しくは、Webプロデューサーの仕事内容や求められるスキルをまとめた記事をご覧ください。

WEBマーケター
WEBマーケターは、市場調査・ターゲット選定・マーケティング戦略立案/実施・効果測定などを通して、商品やサービスがより売れるようなWeb上の仕組みづくりを行います。平均年収は正社員で600万程度ですが、WEBマーケターがフリーランスで活躍できるようになると年収1,000万円以上稼げる可能性があります。Webディレクターで培ったサイト制作スキルをもとに、幅広いマーケティングスキルを身につけて活躍したい方はWEBマーケターを目指すと良いでしょう。

データサイエンティスト
データサイエンティストは分析環境の構築から課題抽出、解決策の提案まで一気通貫で行うデータ分析のエキスパートで、統計学や情報工学を用いて機械学習のモデル構築を行います。求められるスキルや知識水準が高く、難易度の高い職種と言えますが、比較的新しい職種でまだまだ人材不足な職種で正社員でも年収1,000万円以上稼げる可能性があります。新たなキャリアで高年収を目指したい方はぜひチャレンジしてみてください。

データサイエンティストの年収相場やフリーランス案件情報をまとめた記事もあわせて参考にしてみてください。

データアナリスト
データアナリストもデータサイエンティストと同様にデータ分析のエキスパートですが、データアナリストはよりビジネスサイドでデータ分析と課題解決策の提案を行う役割を担います。ビジネス課題解決に向けたデータ分析と提案で活躍したい方はデータアナリストを目指すと良いでしょう。

フリーランスデータアナリストの案件例をご参考いただき、具体的な活躍イメージを膨らませてみてください。

Webディレクターとしてのキャリアを考えている方は、紹介した職種以外にもWebディレクターのキャリアパスについて紹介している記事がありますので、ぜひご覧ください。

デメリット

続いて、フリーランスWEBディレクターとして働くデメリットもご紹介します。

スケジュール調整が難しい

WEBディレクターはさまざまなタスクや複数のメンバーの業務進捗を管理することが求められます。そのため、スケジュール管理が難しかったり、イレギュラー対応も発生しやすいため、勤務時間が変動的になりがちです。

また正社員としてWEBディレクターとしている場合、自身が体調不良等で欠勤しても、別メンバーに代理対応を依頼することのハードルが低いです。しかしフリーランスの場合はほとんどの場合、代役を立てることができないため、急な休みが取りたくてもとれないという可能性が高いです。

介在価値を評価されづらい

WEBディレクターはゼネラリストであることから、スキルを明確化しにくい職種と言えます。デザイナーやエンジニアなどの特定の専門スキルに特化した職種であれば自身のスキルをアピールしやすいですが、WEBディレクターの場合はそれが難しく、デメリットの1つとして考えられます。

次章ではWEBディレクターがフリーランスで活躍するために求められる必須スキルをご紹介しますので是非こちらチェックいただき、自分のアピールポイントを明確化してみてください。

WEBディレクターのフリーランス案件でよくあるご質問

フリーランスのWEBディレクター案件を受けるにあたり、よくあるご質問とその回答をご紹介します。

Q:WEBディレクターの年収相場を教えてください。

A:フリーランスのWEBディレクターの年収は600~1,000万円程度で、正社員と比較した場合、200~300万程度年収アップする可能性は高いです。また、さらにハイスキルであれば120万/月などの案件もあり、年収1,500万程度も目指すことができます。どのようなスキルがあると高単価案件につながるかの詳細はこちらをご覧ください。

Q:WEBディレクターの具体的なフリーランス案件を教えてください。

A:具体的な募集案件を フリーランスのWEBディレクター案件例でご紹介していますのでこちらをご覧ください。

Q:WEBディレクターがフリーランスとして独立するメリットは何ですか?

A:WEBディレクターは完全な売り手市場で、フリーランスになることで、大幅な年収UPが見込めたり、セカンドキャリアを考えやすい職種で、こう言った点がメリットとして挙げられます。セカンドキャリアの具体例についてもご紹介していますので是非こちらをご覧ください。

まとめ

WEBディレクターとしての実務経験があれば、正社員で働くよりも高確率で年収が上がり、かつ柔軟な働き方を実現できるので、ぜひフリーランスという働き方にトライしてみてください。

求められる知識とスキルが幅広いがゆえに、希少性が高くなっているWEBディレクターは、これからも重宝される職種であるといえるでしょう。

FLEXYではさまざまなWEBディレクター案件を取り扱っています。Webディレクターの皆様の活躍を丁寧にサポートさせていただきます。ご希望の案件をご紹介させていただきますので、是非お気軽にご相談ください。

FLEXYに登録する

FLEXYとはABOUT FLEXY

『FLEXY』はエンジニア・デザイナー・CTO・技術顧問を中心に
週1~5日のさまざまな案件を紹介するサービスです