ITインフラを支えるインフラエンジニアの案件、フリーランスでも獲得できる?

Webサービスやモバイルアプリの根幹を支えるITインフラ、それらを構築するのはインフラエンジニアです。クラウドサービスの登場、在宅ワークの普及などIT業界はめまぐるしく変化しています。その中でインフラエンジニアの将来性について不安を持つ人も少なくないでしょう。

しかし今は、ITインフラの構築や設計方法には様々なものがあります。今後、フリーランスのインフラエンジニアとして注意しておきたいことやインフラエンジニアとして活動するために必要なこと、フリーランス向け案件の傾向を押さえておきましょう。

IT業界のインフラエンジニアとは

広くインフラというと、道路や鉄道、学校や社会福祉施設など、社会を下支えする様々な施設を指します。

IT業界におけるインフラ(ITインフラ)は、ネットワークやサーバーなどのハードウェア、OSやミドルウェアといった、情報システムの基盤となるもののことです。そのインフラの構築・保守を担当するのがインフラエンジニアです。

ITインフラ担当とひと口に言っても、会社や案件の規模によって対応範囲は多岐にわたります。小規模な案件であれば、ネットワークやサーバー、データベースの管理をインフラエンジニアが一手に引き受けるケースもあることでしょう。

一方でネットワークエンジニア、データベースエンジニアといったように、それぞれの技術を専門とするエンジニアで構成されるインフラ部門を持つ企業もあります。

インフラエンジニアの仕事の例として、インフラの新規構築を挙げてみます。

インフラの新規構築で行うのは大まかに、要件定義、設計、構築、テスト、運用などです。

 

・要件定義:クライアントの要望をヒアリングします。 ・設計:ヒアリング内容をもとに、利用する機器を選定し、その構成を設計します。 ・構築:機器を調達し、各種設定を行うフェーズです。 ・テスト:構築したインフラの動作のテストを行います。 ・運用・保守:システムを監視し、障害が起これば対応します。またOSやミドルウェアのアップデートも運用・保守で定期的に行われる業務です。

ITインフラ担当のインフラエンジニアに必要な能力

インフラエンジニアに必要な能力とは、どのようなものでしょうか。

サーバーやネットワークの知識

一般的にサーバー構築全般、そしてネットワークやデータベースに関する知識が必須となります。サーバー上で動作するプログラムを設計・開発する能力も求められます。

OSの知識

WindowsやMacなどのOSの基本知識に加え、アップデートの検証・実施ができる能力も必要です。

特にWeb系の案件ならLinuxの知識が求められるでしょう。またサーバーがLinuxでも、情報システムを利用するユーザーはWindowsを使うという場合もあります。したがって、複数のOSの知識を持っておきたいところです。

クラウドサービス(AWS、Azure、GCP)の知識

Amazonが提供するAWS、Microsoft が提供するAzure、Googleが提供するGCPにはそれぞれ、インフラのサービスがあります。

これらを利用してクラウド型のシステム、もしくはオンプレミスとクラウドの両方を使うハイブリッド型のシステムを構築できます。

コンテナ型の仮想化プラットフォーム(Docker、Kubernetes)の知識

コンテナ技術とは、OS上に仮想化した領域(コンテナ)を設け、それぞれの領域内でソフトウェアを実行させる仮想化技術です。

有名なサービスには、Docker、Kubernetesが挙げられます。

セキュリティの知識

インフラにはセキュリティ対策が欠かせません。セキュリティ対策は高度な知識を要するため、基本的にはセキュリティエンジニアの範疇となります。

しかしインフラエンジニアとしても、セキュリティの最新情報やセキュリティ対策製品の知識などを知っておけるとベターです。

コミュニケーション能力や提案力

クライアントの要望をヒアリングしたり、開発チームなど関係各所との調整を行ったりと、コミュニケーション能力も必要となります。

インフラに関する能力とともに、クライアントに提案する能力も保持しておきたいところです。

フリーランスでもITインフラエンジニアの案件はある?傾向は?

フリーランスでもインフラエンジニア向けの案件、特に在宅勤務可の案件もあります。よくある案件の例をご紹介します

案件例1:ネットワークの設計~運用・保守

インフラの中でも特にネットワークに秀でた人を募集している案件があります。

案件の内容は大まかに、ネットワークの設計や構築、インフラ稼働後は障害対応も含めた運用・保守です。ネットワーク関連の案件の場合、構築経験とともに、CCNAなどの資格を持っていると案件獲得に有利となります。

案件例2:ITインフラ運用

クライアントの社内に常駐し、サーバーやネットワークを管理する案件です。クライアントからの問い合わせや障害対応も行います。

仮想化環境を経験したりOSの知識を習得したりできる運用の案件は、経験の浅いインフラエンジニアが経験を積むためにも役立ちます。

案件例3:ITインフラ増強

既にあるインフラを、増強(エンハンス)する案件もあります。新たな機器やソフトウェアを選定する、よりパフォーマンスを高めるためにミドルウェアやデータベースをチューニングする、といったことが主な業務です。

案件例4:インフラのコンサルティング

インフラ全体の設計・改善を行うコンサルティングの案件です。

クラウドサービスやコンテナなど幅広い知識と経験が必要で、開発・運用両方の経験が求められます。コンサルティングはインフラの案件の中でも特に報酬が高い傾向にあります。

インフラエンジニアの将来性は?

インフラエンジニアをめぐっては、クラウドサービスの普及から人材の需要が減るのではと予測されることがあります。

しかし最近ではオンプレミスのシステム構成だけでなく、AWSやAzureなどを基盤とする案件があり、そのインフラ構築はインフラエンジニアの担当となります。

インフラエンジニアとしてスキルアップするためには、ロードマップ(スキルマップ)を活用して、足りないスキルや習得するべき新しい技術を把握することが第一歩となります。またこれからのキャリアを考えるなら、以下のような道もあります。

ネットワーク、データベース、セキュリティ特化のエンジニアになる

インフラ全般でなく、ネットワークやデータベース、セキュリティに特化したエンジニアになるのもキャリアパスの一つです。

特にセキュリティに詳しいエンジニアは人材不足が長年続いているため、今後も案件が尽きることはないものと見込まれます。

SREエンジニアの道も

Googleが提唱している「サイト・リライアビリティ・エンジニアリング (SRE)」という考え方もあります。これはごく簡単にいえば、システム運用を自動化・効率化してサービスの信頼性向上を図るものです。SREに関わるインフラエンジニアは、開発・運用両面の能力が必要になります。

既に「SREエンジニア募集」の案件も見受けられます。今後フリーランスのインフラエンジニア向けの案件でも、運用の変革ができる人材を求めるものが増えるかもしれません。

 

関連記事FLEXYからご紹介した案件でどんな働き方をしているのか、インタビューしました! ZOZOテクノロジーズのSREチームに聞いた!SREチームのエンジニア組織の働く環境と制度 https://flxy.jp/article/17979

まとめ

現在企業に所属しているインフラエンジニアからすれば、フリーランスという立場で企業内にあるITインフラを扱う仕事に就くのは難しく感じるかもしれません。しかしフリーランスでもインフラの案件は存在し、なかには在宅勤務が叶うものも散見されます。

もしフリーランスのインフラエンジニア向けの案件を見つけにくい場合はエージェントに登録して、案件を紹介してもらうことをオススメします。ぜひ自分に合った案件を見つけてください。

企画/編集:FLEXY編集部

FLEXYとはABOUT FLEXY

いい才能が、集まっている。いい仕事も、集まっている。

『FLEXY』はエンジニア・デザイナー・CTO・技術顧問を中心に
週2-3日 x 自社プロダクト案件を紹介するサービスです