FLEXY FLEXY

無料登録

Spring Framework PROJECTS

Spring Frameworkとは?

Spring Frameworkとはプログラミング言語であるJavaのフレームワークの1つです。企業やエンジニアからはSpringと省略して呼ばれるケースもあります。なお、フレームワークとはプログラミングにおいて開発の効率や生産性を上げるために役立つ機能をまとめたツールのことです。
Spring Frameworkの大きな特長は、AOPとDIといった概念が採用されている点です。このうちAOPは、「アスペクト思考プログラミング」の略称で、クラスを横断する処理をまとめて管理・記述ができます。これにより同じ処理が別々の場所に記述されることを防止したり、処理をシンプルにまとめたりすることが可能です。
一方、DIはDIコンテナの略称で、コンポート間の依存関係を外部から編集できます。その他、プロジェクトという概念があり、クラウドアプリケーション、セキュリティ機能、データ集計処理、セッション情報管理など、それぞれに特化したプロジェクトがあります。利用者は、開発するサービスに合わせてプロジェクトを選択して選べるわけです。
このようにSpring Frameworkは便利な機能が多く付属しており、開発をする多くの企業で使用されています。リリースされたのは2004年ですが、今現在でもアップデートは続いています。

しかし、Spring Frameworkは機能が充実している分、操作や設定が複雑という難点があります。そこで開発されたのがSpring Bootです。Spring Bootは、Spring Frameworkをより扱いやすくしたものであり、Spring Frameworkと混同されやすいですが別のフレームワークとなります。Spring Bootを扱うためにはSpring Frameworkの知識やスキルも必要になります。

Spring Frameworkフリーランスエンジニアに必要なスキル

Spring Frameworkフリーランスエンジニアに必要なスキルは以下の2つです。

・Javaのスキルや知識
・サーバやデータベースの知識

Spring FrameworkはJavaのフレームワークであるため、Javaを理解していないと使いこなすことはできません。案件に参画して活躍するためにも、最低限でもJavaの基本的なスキルや知識は頭に入れておくべきです。

また、サーバやデータベースなどWeb開発の周辺知識も求められます。Webアプリケーションを開発した後にも携わりたいのであれば、サーバやデータベースの勉強をおすすめします。

Spring Frameworkに関する資格

Spring Frameworkというフレームワークに特化した資格は現時点ではありませんが、サーバサイドの言語を扱うエンジニアにとっておすすめの資格は2つあります。

・Javaプログラミング能力認定試験
・Android技術者認定試験

それぞれの資格について、以下で詳しく見ていきます。

・Javaプログラミング能力認定試験
Javaプログラミング能力認定試験は、Javaに関する知識やオブジェクト指向に基づいてアプリケーションを作成できるかが問われる資格試験です。この資格を取得することで、Javaに関する知識を持っていることを対外的に証明することができます。

また、試験の概要としては3級、2級、1級の3つの難易度に分かれています。問題数は、3級では筆記問題が6問、2級は筆記問題7問、1級は実技問題が2問です。すべて合格ラインは60%となっています。問題数が少ないとはいえ、合格率は60%程度であり、受験する際はしっかりと対策をしてから挑みましょう。

・Android技術者認定試験
Android技術者認定試験は、Androidでリリースされるアプリケーション開発やプラットフォーム開発の知識やスキルが問われる試験です。Androidアプリケーション技術者認定試験とプラットフォーム技術者認定試験の2つに分類されており、さらにベーシックとプロフェッショナルに細分化されます。

アプリケーション開発に携わっていきたい人は「Androidアプリケーション技術者認定試験」を受け、オープンソース開発に携わっていきたい人は「プラットフォーム技術者認定試験」を受けるのがおすすめです。

当然、両方を受験することも可能であるため、これからAndroidに関わるエンジニアとして活躍したいと考えているのであれば両方受験することをおすすめします。

問題の内容としては、デバックや開発環境に関する問題が共通で出題され、オブジェクト思考やLinuxの知識などがそれぞれの専門問題として出題されます。ベーシックとプロフェッショナルのどちらも難易度が高いため、受験する際はしっかりと対策をとっておきましょう。

Spring Frameworkの習得難易度・勉強方法

Spring Frameworkの勉強方法として、Spring Frameworkは書籍で学習することが可能です。Spring Frameworkに関する書籍は複数出版されており、初級者向けから上級者向けまで幅広くジャンル分けされています。

また、Javaについて詳しくない方はJavaについても書籍で学ぶことが可能です。そのため、「Javaに触れたことはないが、Spring Frameworkを使いこなしたい」というエンジニアは、まず書籍でJavaについて学習してからSpring Frameworkについて学習することをおすすめします。

書籍である程度知識をつけたら、実際にSpring Frameworkを用いてWebアプリケーションを作成してみましょう。Spring Frameworkを学習する多くのエンジニアは、案件に参画して活躍したいと考えるのが自然です。そのため、実際にWebアプリケーションを作成してみることで、より本番に近い練習を行うことができます。

Webアプリケーションを作成している途中でわからないことが出てきた場合は、書籍に戻ってわからない点を解決しましょう。ポイントとしては、1つの学習方法にこだわらずにそれぞれの学習方法を反復することが重要です。

Spring Frameworkの将来性

まず前提としてSpring Frameworkは、Javaのフレームワークです。そのため、Spring Frameworkの将来性は、Javaの将来性とも直結しています。まずJavaの将来性に関しては、安定的で問題ないでしょう。アプリケーション開発だけでなく、サーバサイド、組込み系と幅広く使用できる言語であるため、今後も開発案件が減ることはありません。
一方そのフレームワークであるSpring Frameworkは他のフレームワークとの兼ね合いによって将来性が変動します。たとえば、より便利で新しいフレームワークがリリースされるなど、Spring Frameworkの需要が落ちることがあれば、状況に応じて案件が減る可能性もあります。

とはいえSpring Frameworkには、エコシステムという常に成長している開発サポーターがあります。これにより常にニーズを捉えた機能を提供しているため、将来性は安定していると考えられます。

Spring Framework案件ならFLEXYがおすすめな理由

Spring Framework案件ならFLEXYがおすすめである理由は、サポートや福利厚生が充実しているからです。FLEXYには専任のコンサルタントがいるので、希望の案件を見つけるだけでなく市場の調査や案件の動向を知らせてくれます。そのため、現在どのような案件が流行っているのかをいち早く知ることができ、それに合わせて対策を練ることが可能です。

特にフリーランスになりたてのエンジニアは、自分で市場を調査する方法など知らないことが多いはずです。そのため、わからないことをサポートできるFLEXYをSpring Framework案件の取得においておすすめします。

フリーランスのSpring Framework案件・求人動向

Spring Framework案件はインフラに関係した案件が多い傾向にあります。

今後の案件数の増減に関してはしばらく安定するとされていますが、これは近年のJava案件の多くをSpring FrameworkもしくはPlay Frameworkが占めているためです。
ただし、Spring Frameworkに変わる新しい使い勝手の良いフレームワークが登場した場合は変動する可能性があります。

Spring Framework案件・求人の報酬相場

Spring Framework案件の単価相場は50万円〜100万円で、他のフレームワークよりも特段に高い水準ではありません。実際の案件でも80万円を超える案件も存在します。

また、他のフレームワークの案件と同様に、実務経験の年数で報酬が決まるケースもあります。たとえば、実務経験が1年で月収が40万円に対し、5年以上だと80万円以上というケースです。このように、実務経験によって報酬が異なるケースもあるため、収入アップを目的としているのであれば、まずは実務経験を積むことをおすすめします。

JOB SEARCH

Spring Framework案件のよくある質問

Spring Frameworkのメリットはなんですか?

Spring frameworkのメリットとしては、以下の3つが挙げられます。・拡張性が高い
・再利用性が高い
・開発中に変更しやすい
Spring frameworkは開発を快適にするために機能やソフトウェアを追加するのを問題なく行えます。そのため、開発能力や処理能力をデメリットなく上げることが可能です。他にも再利用性が高かったり、開発中に変更しやすかったりするという特徴があります。

Spring Framework案件で在宅はありますか?

Spring Framework案件で在宅作業やリモートで対応できる案件はあります。通勤の時間が削られるため、その時間をエンジニアとしてのスキルアップに費やし、開発に取り組むことが可能です。
また、週2〜3日稼働の案件もあるため、より自分の時間が取れる働き方もしやすくなっています。

Spring Frameworkの高単価案件はありますか?

先述の通り、Spring Frameworkの相場は50万円〜100万円ですが、FLEXYでも同様の単価帯です。過去には週2~5日/~80万円の募集などがありました。

募集中 【Java】Webメディア業界の大手企業で総合オンラインショッピングモールサイトの開発支援(フルリモート可)

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週5日代官山
報酬:〜80万円/月

・プログラム開発
・企画担当者の案件の仕様策定
・開発技術の採用検討
・業務の効率化及び自動化の検討と導入
・システムの保守続きを読む

募集終了 【Python】フルリモート!APIの設計・開発エンジニア

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週3日竹橋駅
報酬:〜48万円/月

電子新聞の開発チームで業務を担当いただきます。

【具体的には】
・API の設計、開発
・Python/Django での REST API 開発
・AWS 等のクラウドインフラ基盤の構築
・Elasticsearch 等のミドルウエア運用
・...続きを読む

募集終了 【Python】自社サービス開発での技術支援エンジニア

株式会社サーキュレーション

社名:非公開

職種:サーバサイドエンジニア
稼働日数:週3日竹橋駅
報酬:〜48万円/月

自社サービスの開発チームで業務を担当いただきます。
今回はチームの技術力底上げをはかっており、Python(できればGo)でのメンバーレビュー、技術支援等をいただけるポジションで募集しています。

【具体的には...続きを読む

もっと見る

Java(サーバーサイド)の他のフレームワーク