Javaの高額案件を獲得するには?報酬額の相場やフリーランスが備えるべきスキルを紹介

フリーランスエンジニアとして独立を目指してJavaを習得したい、あるいは現在エンジニアで、キャリアを広げるために改めて需要のある言語を学びたいといった方も多いのではないでしょうか。

今回の記事ではJavaの言語的特徴や案件の報酬額相場、高額案件を獲得する上で必要なことを紹介します。

Javaの言語的特徴

大規模開発に適した言語

Javaはオブジェクト指向を特徴とするプログラミング言語です。オブジェクト指向とは、データやメソッドなどの要素をひとまとめにしたものを「オブジェクト」という構成要素とみなし、それらを組み合わせてシステムを構築するという考え方です。

コードの再利用や修正がしやすく、またシステムの開発分担も容易なため、複数人による大規模プロジェクトでも開発を効率的に進められます。

Javaの歴史

現在、Javaの正規ITベンダーを務めるのはオラクル社です。前身であるサン・マイクロシステムズが1995年に開催した「Sun World Expo」で初めて公開されました。

「Javaの父」と呼ばれるジェームズ・ゴスリン(James Gosling)氏は、Javaの設計ポリシーの1つとして「Architecture Neutral」、つまりOSに依存せず開発できる言語を目指すという考えを持っていました。

そのアイデアを具体化するために作られたのがJava VM(仮想マシン)で、Webブラウザやスマートフォンアプリ、家電製品などさまざまな環境でJavaが動作する基礎となっています。

初心者でも学びやすく、技術的安定性も高い

Javaは初心者でも比較的学びやすい言語です。すでに世界中で使われているため、学習用の書籍や開発者向けリファレンスが豊富にそろっています。Javaの影響を受けて開発されたKotlinなどの各種有名言語を学ぶ際にも、身に付けたJavaの知識は大きく役立つでしょう。

また、最新版のバージョンが公開されると、不具合は早期に発見、修正されています。このため技術的な安定性が高く、多くの業務で人気を集める理由の1つとなっています。

Javaのニーズは?

基幹システム開発など幅広い需要

JavaはWebシステム開発に関わる案件で非常に高い需要があります。案件の内容は幅広く、基幹システム開発や比較的小規模なWebサービス、簡単なWebサイト構築、スマートフォンアプリ開発までさまざまです。ガス会社などのインフラ系企業や金融サービス企業、大手商社など大企業が出す案件も多くありますが、これはJavaの技術的な安定性などが高く評価されているからだと考えられます。

その上でJavaが特徴的なのは、大規模な開発案件が多い言語の1つだということです。中でも基幹システム開発は大規模化しやすく、システム改修やリプレイスといった需要も多くあります。特にWebインターフェースを伴う基幹系アプリケーションは、実装時にJavaを用いることがほぼ必須と言って良いでしょう。

スマートフォンアプリ開発も案件数が増加傾向にある領域の1つです。特に、Androidのスマートフォンアプリ開発においてJavaは多く使われています。

この他、銀行のATMなどの組み込み開発や、IoTデバイス開発など製造業をはじめとする産業分野での引き合いもあります。ATMなどのハードウェア開発でも採用例が多いのは、総じてJavaが言語的に高い信頼性を持つからです。

案件数は常に安定

繰り返しになりますが、Javaはすでにさまざまな領域で使用されている人気言語です。このため、常に多くの案件が市場に存在します。

案件数の変動を正確に見通すことは困難ですが、この傾向は今後も大きく変わることはないのではないかと予想されます。反面、今後ニーズが急増するケースもそれほど多くないと思われます。

Java案件の単価

相場は月あたり40~70万円前後

Javaの案件は内容が多分野にわたる上、業務内容の難易度にもばらつきがあります。そのため、案件ごとに単価が大きく異なっています。

例えばスマートフォンアプリ開発の場合は月当たり40万~70万円、ECサイトなどWebサービスの開発は50~70万円、基幹システム開発では45~65万円の範囲がおおよその相場といえるでしょう。中には100万円(※)の高額案件なども含まれています。

*報酬額参照 https://crowdtech.jp/job_offers?word=Javaに掲載の案件のおおよその相場を見て記載しています。

金額幅が大きいのは、エンジニアの経験年数やスキル次第で額が変動するからです。

多くの案件では2~3年以上、高額案件では5年以上の開発経験を求められる場合もあります。もちろん、実務未経験でも受注可能な案件も存在はしています。

近年注目を浴びる他言語に比べると報酬額は若干下がる

Java案件の報酬額は比較的高額なものが多い印象です。ただ、最近AI開発などで脚光を浴びるPythonをはじめ、比較的新しいKotlin、Goなどに比べると金額は若干下がります。これは、すでにJavaエンジニアが市場に多く存在していることが関係していると考えられます。

先述の通り、Javaのニーズ自体が急増するケースは想定しづらく、今後報酬額が上がるかは不透明です。

高価格案件の獲得に必要なスキル、経験とは?

習得すべきフレームワーク

高額案件を受注する上では、まず相応の実務経験年数が求められます。その上で、実務環境で求められるJavaについての深い知識や開発スキルを持っておくことが必要です。

習得をおすすめしたいものの1つが、Javaのフレームワークに関する知識です。フレームワークは活用することで開発の迅速化が可能になります。高速開発を行える人材として、高価格帯案件に参加できる可能性が高まるでしょう。

Javaの有名なフレームワークには「Spring Framework」「Apache Struts」「JavaServer Faces」「Play Framework」などがあります。中でもSpring Frameworkは長い間人気を集めているフレームワークで、どれから学ぶか迷ったら最初に習得すると良いでしょう。

その際には、Spring Frameworkの使い勝手向上を目指して開発されたフレームワーク「Spring Boot」も併せて習得することが望ましいでしょう。

Javaと互換性のある言語を学ぶ

Javaの後継言語と呼ばれるほど高い開発効率性を持つScalaや、Kotlinといった言語を習得するというのも手です。これらの言語はスタートアップをはじめとする中小企業で、特にスマートフォンアプリ開発の目的で使用されることが多く、獲得可能な案件の幅を広げられる可能性があります。

また、ScalaやKotlinなどの言語はエンジニアがまだ少ないため、案件も高額化しがちな傾向があります。Javaとの互換性がありますから、一度Javaを学んだエンジニアであれば、習得までにそれほど多くの時間はかからないでしょう。

上流工程参加の経験も重要

特に大規模開発案件の場合、個人の技術的スキル次第で報酬額が変動する傾向は乏しくなります。

その代わりに求められるのが、これまで経験した業務の量と幅です。Javaだけではなくプログラミング言語一般にいえますが、プロジェクトマネージャーなどを募集する高額案件ではシステム要件定義など開発の上流工程に関わる業務経験を求めます。その分業務内容は高度になりますが、挑戦する価値はあります。

まとめ

Javaは基幹システム、Webサービス、スマートフォンアプリ開発のいずれの分野でも多数の需要があります。案件単価も市場動向に左右されず、比較的高額で安定しているため、フリーランスが習得しておくべき言語の1つと言えます。

経験年数次第で報酬額が変動するので、早期に習得し、実務経験を積み重ねておくことが望ましいでしょう。年数以外での報酬増を狙うのならフレームワーク習得など、スキル習得が必須となります。

 

【FLEXY】に登録してJava案件を紹介してもらう FLEXYに登録

FLEXYとはABOUT FLEXY

いい才能が、集まっている。いい仕事も、集まっている。

『FLEXY』はエンジニア・デザイナー・CTO・技術顧問を中心に
週2-3日 x 自社プロダクト案件を紹介するサービスです