JavaScriptエンジニアの年収は? 単価相場や年収アップの方法

JavaScript 年収・単価相場

プログラミング言語のなかでもJavaScriptには高い人気があります。JavaScriptエンジニアの仕事に興味があり、年収を知りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、JavaScriptエンジニアの年収や年収アップの方法、将来性などについて解説します。

JavaScriptとはWebブラウザ上で動作するプログラミング言語

JavaScriptとは、Webブラウザ上でプログラムを実行するプログラミング言語です。動きのあるWebアプリ開発、スマートフォンアプリ開発、Webサイトのフロントエンド開発などによく使用されています。

ブラウザに動きをつけられるなどの特長から世界的にも人気があり、ほかのプログラミング言語よりも高い普及率を誇っています。

現在ではフロントエンド開発だけでなくサーバサイド開発にも使用されるケースが増えてきたため、より多くの開発に用いられるようになってきています。

JavaScriptはオブジェクト指向のため、開発に必要なプログラミング作業を分業や共同作業で行うことが可能で、大規模なプロジェクト開発にも適している言語です。

開発時にはブラウザとテキストエディタで作業でき、作成したソフトはWeb上で動作するため、難しい環境構築を行う必要はありません。

さまざまなメリットから、JavaScript言語は初心者でも使いやすい言語として多くの人から支持されています。なお、JavaScriptとJavaは名前がよく似ていますが、全く異なる言語です。

JavaScriptエンジニアの年収相場

JavaScript言語のフリーランスエンジニアの場合、年収や月額単価にはそれぞれ幅があります。エンジニアの経験がありスキルが高いほど年収は高くなる傾向があります。

平均年収

JavaScriptフリーランスエンジニアの平均年収は807万円です。最高年収は2,160万円で、最低年収が240万円です。

JavaScriptエンジニアの年収は、エンジニアのスキルによって大きな差が生じます。高いスキルを持っている場合には年収1,000万円以上も可能です。

参照元:JavaScriptエンジニアの年収とは?エンジニアの年収比較や年収アップの方法を解説

単価相場

JavaScriptフリーランスエンジニアの平均月額単価相場は67.3万円です。最高月額単価は180万円、最低月額単価は20万円と、案件により月額単価には大きな幅があることがわかります。

案件の月額単価は、これまでの経験年数によって大きく異なっています。

平均月額単価がもらえる案件の場合、3~4年ほどの経験年数がある人を募集しています。4年以上の経験がある人はそれ以上の単価が設定された案件にも応募可能です。

経験年数が1年未満の場合には、最低月額単価の20万円から30万円ほどの案件に応募できます。

参照元:JavaScriptエンジニアの年収とは?エンジニアの年収比較や年収アップの方法を解説

JavaScriptエンジニアの年収をアップさせる方法

JavaScriptエンジニアの年収をアップさせるには、さまざまなスキルを習得、または向上させる必要があります。マネジメントスキルや周辺知識、トレンドとなる最新知識の習得などにより、業務の幅が広がり年収アップにつながります。

マネジメントスキルの習得

JavaScriptエンジニアでは、プログラミングスキルのほかにマネジメントスキルを身につけていると年収がアップしやすくなります。

プロジェクトの際に、納期を把握してスケジュール通りに進行するマネジメントを経験してスキルが認められると、上流工程の業務につくことも可能です。

要件定義や設計といった上流工程は、下流工程よりも年収が高いケースが多いため、年収アップが目指せます。

プロジェクトでは基本的にチームで開発をするため、マネジメントスキルとともにチームとスムーズなコミュニケーションを取り合えるヒューマンスキルも必要です。

ヒューマンスキルは、クライアントとのやりとりにも欠かせません。

今後、プロジェクトを管理するプロジェクトマネージャーの仕事をしたい場合にも、このマネジメントスキルとヒューマンスキルを磨くことが重要です。

周辺知識の習得

JavaScriptは、Webサイトやアプリ、システム開発など幅広い目的に使用される需要の高いプログラミング言語です。システムなどを開発する際には、ほかの言語と組み合わせて使用します。

フロントエンド開発ではHTMLやCSSなど、サーバサイド開発ではRuby、PHPなどのスキルが必要となる場合もあります。さらに、デザインの知識や経験が必要なケースもあるかもしれません。

JavaScriptエンジニアでも、業務の際に使用するJavaScript言語だけしかできないよりも、ほかのプログラミング言語などの複合スキルがある方がより多くの業務に携われます。

周辺知識まで幅広く習得しておくと、今後の年収アップが期待できます。

最新知識の習得

IT業界は技術の進歩に伴って激しい変化が生じる業界です。JavaScript言語も現在まで何度も仕様が変わり続けてきました。これからもさまざまな言語やIT技術が次々と変化することが予想されます。

このため、取り残されずに業務を確実にこなしていくには、常に最新の情報を収集して知識を習得する必要があります。

最新の技術に対応していくためには、有識者が開催するセミナーや勉強会などに積極的に参加して新しい技術への理解を深めることもおすすめです。

セミナーなどへの参加は新しい知識の習得にもつながります。スキルアップや最新技術への最適化ができていると、エンジニアとしての評価が上がり年収アップにもつながっていくでしょう。

JavaScriptエンジニアの仕事内容

JavaScriptエンジニアはIT業界で働くケースが多い傾向にあります。

IT業界はインターネット・Web業界、ハードウェア業界、ソフトウェア業界、情報処理サービス業界に分類され、そのなかでもインターネット・Web業界はJavaScriptエンジニアが多く働いている業界です。

先述したように、JavaScriptはほかのプログラミング言語と組み合わせるとさまざまな分野の開発が可能になるため、他言語を習得しているとより幅広い仕事に携われます。

JavaScriptエンジニアの主な仕事には、Webサイト制作(フロントエンド)、Webアプリ開発、スマートフォン(タブレット)向けアプリ開発、ゲーム開発、サーバサイド開発など、さまざまな種類の仕事があります。

JavaScriptエンジニアの将来性

JavaScriptは、Web開発などの現場で多く使用されている言語です。Web開発の仕事では、これまでフロントエンド開発が主だったものがサーバサイド開発の仕事での利用が増加しています。

Web業界の市場規模は今後も高い成長率が予想されているため、JavaScriptエンジニアの仕事は増加していく可能性があると考えられます。

その優れた汎用性から人気が高いJavaScript言語は、Web開発以外にもアプリやゲーム、システムなどさまざまな開発現場で用いられています。

さらに、AI(人工知能)やビッグデータ、IoTなど、IT技術の革新的な進歩とともに、それに対応できるエンジニアの需要は高まるとされています。

幅広い分野で活躍できるJavaScriptを用いた開発を行うエンジニアは、今後も需要が高い状態で推移する将来性のある仕事と予想できます。

まとめ

JavaScriptは、汎用性があり世界でも人気の高いプログラミング言語です。Webサイト開発、Webアプリ開発、スマートフォンアプリ開発、サーバサイド開発など、さまざまなプロジェクトで使用されています。

また、JavaScriptエンジニアの平均年収は807万円となっていますが、エンジニアのスキルや経験年数によって年収や単価は大きく異なります。

JavaScriptエンジニアは、今後成長していくIT業界で活躍できる将来性の高い仕事です。最新知識を習得するなどのスキルアップを継続することで、年収アップが期待できます。

FLEXYにはさまざまなJavaScript案件があります。自社プロダクトの高単価JavaScript案件をチェック。

FLEXYとはABOUT FLEXY

『FLEXY』はエンジニア・デザイナー・CTO・技術顧問を中心に
週2-3日 x 自社プロダクト案件を紹介するサービスです