フリーランスの確定申告の手続きについて

フリーランスの確定申告の手続きについて

個人事業主の手続きステップについて&よくあるQ&A  

今回は、【確定申告】についてステップやよくある質問をFAQで記載させて頂きます。

Q.確定申告が必要な人とは?

A.

確定申告有無の基準ポイントは、「給与」ではなく「所得」です。1年間の収入から経費各種控除を差し引いたものが所得です。 

①給与所得がない方
所得が38万を超えている

②給与所得がある方
1.福業の所得が20万以上を超えている
2.給与所得が2,000万以上を超えている)

Q.そもそも確定申告とは?

A.
個人事業主が、1年間の納税額を計算し、税務署に毎年自己申告すること。
毎年1月1日〜12月31日における1年間の売上や経費、控除などから1年間の納税額を確定し、翌年の2月16日~3月15日に、管轄の税務署に自己申告することです。
予備知識
個人事業の確定申告には、「白色申告」「青色申告」の2種類があり、簡単な申告方法が白色申告です。開業してから何も申請をださなければ、白色申告の扱いになります。
「白色申告」・・・年間の売上-必要経費=事業所得
「青色申告」・・・青色申告とは、最寄りの税務署へ「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておく必要があります。

Q.確定申告に必要な期間や期限は?

A.
●個人事業主やフリーランスの事業年度は、1月1日~12月31日、確定申告の申告期間は、翌年の2月16日から3月15日まで。
●法人の場合は、法人が決めた任意の決算月までの1年間が事業年度。確定申告の申告期間は、任意の決算日から2ヶ月以内です。 

Q.確定申告の出し方と必要書類は何?

A.
以下、大きな違いは赤字で記載しています。

確定申告

Q.白色申告と青色申告のメリット・デメリットは?

A.
総括して白色申告に特に大きなデメリットはありませんが、青色申告にはメリットが多くございますので、余裕がある方は書籍などを見ながら青色申告にチャレンジしてみましょう! 確定申告2

Q.いざ!確定申告するには?

A.以下ステップをご参照ください。 

1、確定申告に必要な書類を入手する

確定申告の用紙は、税務署にを提出しておけば、自動的に郵送されます。または、税務署に行ってもらってくるか、国税庁のホームページからダウンロードします。

2、申告書に必要な情報、書類の準備をする

確定申告の際には、申告書に加え、申告書に添付する経費や控除の証明書類があります

3、確定申告書を作成

確定申告書に必要事項を記入します。最近は会計ソフトを使う事も多いようです。

国税庁のHPにも動画等で詳しい解説がありますので是非、ご確認ください。

4、確定申告書を税務署に提出する

確定申告書を税務署に提出します。提出期限は、毎年 2月16日~3月15日まです。

5、税金の納付・還付を受ける

納付期限は、所得税は毎年3月15日まで、消費税及び地方消費税は毎年3月31日までです。申告した所得により、税金還付を受けます。確定申告提出から約1ヶ月後に銀行口座に振込されます。
国税庁のホームページにも記載がありますので確認してみてくださいね! 


この記事を書いた人
西森 有里
西森 有里
flexyコンサルタント
新卒で当時マザーズ上場のディップ(株)に入社、媒体・人材紹介に従事しマザーズから一部への鞍替えを機に大手人材紹介会社へ入社。450名の決定、約1,000名ほどの転職希望者との対峙。国家資格キャリアコンサルタント・技能検定標準レベル所持。産業カウンセラーの勉強中。女性の働き方・今ある既成の働き方に疑問を持ちサーキュレーションに入社。 エンジニア向けイベントの企画を行いflexyチーム全員で実施。

週1日~/リモートの案件に興味はありませんか?

週1日~/リモートの関わり方で、「開発案件」や「企業のIT化や設計のアドバザリーなどの技術顧問案件」を受けてみませんか?副業をしたい、独立して個人で仕事を受けたエンジニア・デザイナー・PM・技術顧問の皆様のお仕事探し支援サービスがあります。

お仕事をお探しの方へ

お仕事をお探しの方(無料登録)
法人の方(IT課題の相談)