未経験から5ヶ月で、OSSへプルリクエスト。キッチハイクの文化が支える、若手エンジニア成長への想い。

キッチハイクは、食べることが好きな人をつなぐコミュニティサイトです。みんなでごはんを食べる「ごはん会(Pop-Up)」が毎月300近く開催され、ルーティンワークになりがちな食事を、新たな繋がりが生まれる場所に変えていっています。今回は、インターンとして未経験でRuby on Railsをはじめた泉氏に、GitHub上のOSSにプルリクエストを送りマージされた経験や、エンジニアとしての挑戦の一歩についてお伺いしました!

【プロフィール】
藤崎祥見氏
藤崎祥見氏
株式会社キッチハイク 共同代表 / CTO
筑波大学大学院を卒業後、2008年に野村総合研究所にテクニカルエンジニアとして入社。その後、キッチハイク共同創業者となる。MongoDB JPコミュニティ、MongoDB勉強会の主催者。2012年からgihyo.jpでMongoDBに関する技術記事を連載する。 執筆: MongoDBでゆるふわDB体験
【プロフィール】
泉 美帆氏
泉 美帆氏
株式会社キッチハイク インターンエンジニア
2013年4月に京都大学 農学部 資源生物科学科に入学。 2013年4月に京都大学 農学部 資源生物科学科に入学。幼い頃から強かった食・農の分野への興味を、サークルや学生ベンチャー、海外留学など数々の経験に活かしてきた。2017年4月に同大学大学院 情報学研究科に入学。現在は休学中で、フルタイムのインターンエンジニアとしてキッチハイクで開発をおこなう。 執筆: OSSは“別世界“。その思い込みは、自らのPull Requestで変わった。

キッチハイクには “SESSION” というカルチャーがあります。メンバーの個性を尊重することで、結果的にチームがグルーヴする。そこには心理的安全性がしっかりと保証されているんです。 キッチハイクに入って約7ヶ月、最近はプロジェクトマネジメントのような立場で動くことも増えてきました。とはいえ、私はインターン生。コミュニケーションをとる相手は目上の社員の方ばかりなので、「技術も経験も足りないのに、こんなこと言っていいのだろうか」と、常に不安がつきまといます。しかしそんな状況でも、社員の方々は私個人の意見を尊重し、的確なアドバイスを与えてくれる。こうした恵まれた環境があるから、心おきなく成長することができています。

藤崎 自分の中で、大切なものが見つかっているのが凄いと思います。自分が何をするべきかをわかる人は強いなと。会った時からそんな感じでしたね。

キッチハイクとの出会いは?

実は今、大学院を休学中なんです。もともとは、京都で学生生活をしていました。ただ、研究も就職活動も全然うまくいかない時期があって。そのまま落ち込んで何もしない自分にはなりたくなかったので、エネルギーの向け先を変えてみよう、と思ったんです。それから間もなくして上京したのですが、キッチハイクでインターンをしているエンジニアと知り合い、キッチハイクを紹介してもらいました。

もともと実家が飲食店をやっていて、私にとって食という分野は、幼い頃からずっと身近なものでした。そして、いざオフィスに話を聞きに行ったら、未来の食のあり方をこんなにも真剣に考えている組織があることに、驚きと感動で胸がいっぱいになっちゃって……!「私も、この人たちと社会を良くしたい!」と心から感じたのを覚えています。

大学院での研究に必要な技術はデータ解析が主だったので、Ruby on Railsの経験はほぼ無いに等しかったです。キッチハイクにジョイン後、本格的に習得をはじめました。

未経験からの技術習得とプロジェクトを率いるまでのステップを教えてください!

インターンとしてキッチハイクにジョインしてから約1ヶ月半は、チュートリアルで基本的なコーディング技術を学びました。その後、小さなバグの修正やリファクタリングから実務に入っていったのですが、がむしゃらに頑張っているうちに、設計段階から任せていただくようなプロジェクトが増えました。その間に、OSSにプルリクエストを送る機会にも恵まれました。 最初は分からないことばかりだし、本格的なプロダクトの中身を見たことも触ったこともなかったので、苦しい時期ではありました。ただ、毎日の「まかない」を通してメンバーのみなさんと関わる時間が多かったので、一人でやっている感はあまりなかったですね。 ※ キッチハイクでは、毎日のお昼ご飯をスタッフが協力して作り、全員で一緒に食べる「まかない」を通して交流する社風があります。

藤崎 泉の技術習得は本当に早かったですね。

OSSにプルリクエストを出すきっかけと、挑戦して気づいた事は?

私がプルリクエストを送ったOSSは、wheneverというRuby on RailsのシステムでCron管理のために使われているRubyGemsです。 ある新機能の実装時、このwheneverを利用して実現したいことがあったのですが、公式のREADMEには該当するドキュメントがなかったんです。最終的には関連issueを発見し、無事実装はできました。 ただ一方で、「自分が修正すれば、次にREADMEを読むエンジニアの助けになるのでは?」という考えもでてきて。そんなときに、藤崎が私の背中を押してくれました。それまでは、私にとってのOSSコミュニティはとても遠い存在でした。何か特別な技術がないと貢献なんて……とか。この挑戦がなかったら、きっと今もそう考えると思います。

プルリクエストの内容自体は技術的に高度なものではありません。それでもすぐにレスポンスを頂いて、その日のうちにプルリクエストがマージされました!その勢いで、この一連の出来事を会社のTech Blogにまとめたら、これまた予想以上の反響で。現在、はてなブックマーク数は142に到達しました。 「ああ、私と同じ気持ちの人っていっぱいいるんだ」というのが率直な感想でしたね。必ずしも個人の経験値に依らず、OSSコミュニティに対して一歩引いているエンジニアは少なからずいる。そして、そんな方達に私のアウトプットが刺激を与えている。この事実は大きな自信につながっています。

藤崎 「自分の意志次第で創る側にまわれるんだ」とか、「自分が刺激を与えれるんだ」という事をすごく大事にしたいですね。皆がステージに上がれる当事者である事が、大切な事だと思っています。 ただ使っているだけだと距離が遠いというか・・・消費しているだけだと、OSSコミュニティも距離を感じますが、レスポンスがあるとすごく近い感じがするので。例えば、初めてインターネットを使って掲示板にコメントしたら返ってきて、ビックリした!みたいな。英語でコミュニケーションを取り、インターネットの向こう側の、人の体温を想像出来る事はすごく大きいですね。 その経験の積み重ねを、今後もどんどんしていってほしいですね。このエンジニアの世界は誰かによって日々良くされてるんだと思い、次は自分が当事者になる。自分たちで良くしていくんだという意思がすごく大事だと思いますね。

若手エンジニアとして、これから挑戦していきたいことを教えてください。

キッチハイクのプロダクトは、短いスパンでどんどんアップデートされます。このスピード感と質の高さを常に実現できているのは、メンバー全員が「変化に強いものをつくる」という姿勢を重視しているからだと思います。また「変化に強い」コードを書くことは、自分のためだけでなく、のちにそのコードを触るメンバーの開発の助けにもなります。そういった「親切」ができるエンジニアは、私の理想です。 この姿勢を1日でも早く自分のものにし、未来の開発者にフレンドリーなエンジニアを目指して、たくましく成長していきたいです。


この記事を書いた人
西森 有里
西森 有里
flexyコンサルタント
新卒で当時マザーズ上場のディップ(株)に入社、媒体・人材紹介に従事しマザーズから一部への鞍替えを機に大手人材紹介会社へ入社。450名の決定、約1,000名ほどの転職希望者との対峙。国家資格キャリアコンサルタント・技能検定標準レベル所持。産業カウンセラーの勉強中。女性の働き方・今ある既成の働き方に疑問を持ちサーキュレーションに入社。 エンジニア向けイベントの企画を行いflexyチーム全員で実施。

週1日~/リモートの案件に興味はありませんか?

週1日~/リモートの関わり方で、「開発案件」や「企業のIT化や設計のアドバザリーなどの技術顧問案件」を受けてみませんか?副業をしたい、独立して個人で仕事を受けたエンジニア・デザイナー・PM・技術顧問の皆様のお仕事探し支援サービスがあります。

お仕事をお探しの方へ

お仕事をお探しの方(無料登録)
法人の方(IT課題の相談)