業務委託エンジニアと企業の現状 / 直接雇用より業務委託エンジニアの理由

業務委託エンジニアと企業の現状の第1回として、「直接雇用より業務委託エンジニアの理由」をご紹介します。

業務委託のフリーランスエンジニアが活躍する昨今、何故、エンジニアという職種は複数社でフリーランスとして働けるようになったのか? 企業側が求めている理由として、企業目線でお答えします。

人件費を固定費にしない。

業務委託エンジニアであれば、人件費としての固定費を変動費にすることが出来ます。

人件費は、経営する中でかなりを占めています。エンジニア組織の中の全ての人を社員で雇用している会社は、例えば、平均500万で100名採用したとしたら、5億の人件費が固定で年間かかることになります。

ずっと、永続的にそのエンジニア組織の固定費を維持していくためには、サービスの刷新やサービスグロース、どれぞれのスキルの向上、新しい技術に適応する必要があります。

開発エンジニアの人件費が固定費であることのデメリットは、エンジニアが技術職である以上、大量採用したとしても終身雇用システムのように部署を変えながら、社員を雇用し続けるということが難しいためです。

お人柄、スキルがミスマッチであっても大丈夫

正式な採用をした後に、お人柄がカルチャーに合わなかった、スキル面がかなり不足していたといった経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際の転職にはかなりの工数と労力がかかります。カルチャーフィットや入社後のスキル面での育成を考えなくても大丈夫なのが実は、業務委託エンジニアなのです。人材エージェント経由であれば、スイッチングが可能になります。候補者の変更をすることで、プロダクトの開発スピードを落とさないで、コアとなる正社員が開発のハンドリングを取りながら進めることが出来ます。

業務委託エンジニア

優秀な副業の人が実はたくさんいる

教育の必要がほぼない

フリーランス歴の長い業務委託エンジニアは、業務委託で働くことは即戦力である必要があることを理解しています。そのため教育コストはかかりません。常に会社に所属し続けることはしないめ、技術で勝負する分、スキルを磨き続けています。

フリーランス歴の長い方は、色々な開発現場への適応能力が高く、技術力で勝負する必要があることも理解しています。
また副業の場合、現職で使用することの出来ない経験を積みたい場合が多いです。

開発のスピードを上げたい時にも最適

来週からでも開発に参加出来るというのが、業務委託でのエンジニア。
タイミングにもよりますが、その日のうちにご推薦し、次の日に面談をして、翌日から業務にジョインすることもあります。
正社員の場合はどうしても色々な制約がありますが、業務委託の場合は長期雇用のための制約も少ないのですし、採用のための時間の短縮をすることが出来ます。

エンジニア

社内に経験者がいない場合

自分たちで調べながら開発するよりも実際に経験者やその道の専門家に聞いた方が早い分野や、人員不足により出来るプロフェッショナルに担当してもらいたい場面があります。

後えば、 ・機械学習、AI領域に参入したい
・ブロックチェーンの活用をしたい
・AWS、他社サーバに移行したい
・API連携をしたい
・アプリの開発をしたい
・開発手法を変えたい
・リファクタリング

アドバイザーという立場で、slackベースなどで適宜行き詰まった部分を答えることも出来ます。

得意分野は常に人によって異なります。だからこそ、外部の知見を有効活用することも必要なのです。

追加機能の箇所だけオーダー可能

追加機能開発をベンダーに頼むと、成果物を納品して終わりです。
業務委託でエンジニアの人に来てもらえば、追加機能の納品のみで終わらず、その後もどう運用するかまでの相談が出来ます。

成果物型納品ではないメリットは、コードを綺麗に書く、拡張時のリファクタリングにも適応できるという点です。

採用費の削減

人材確保に関わる手間を減らしたい、そういった場合、業務委託で人材を確保するというのが大前提の元、採用にかかる媒体の掲載費や人事の労力、人材紹介のエージェントへの正社員雇用のための手数料を考えると、採用費は大幅に削減することが出来ます。

FLEXYへのお問い合わせ お問い合わせ
メールでも承っています。flexy@circu.co.jpにご連絡をお願いします。

FLEXYとはABOUT FLEXY

いい才能が、集まっている。いい仕事も、集まっている。

『FLEXY』はエンジニア・デザイナー・CTO・技術顧問を中心に
週2-3日 x 自社プロダクト案件を紹介するサービスです