CTO

CTO、技術顧問の紹介
flexy

お問い合わせ
メールでも承っています。flexy@circu.co.jpにご連絡をお願いします。

flexyとは、企業とプロフェッショナル人材との紹介サービス


flexy selectの母体となるflexy(フレキシー)とは、技術的課題を抱えた企業と、フリーランスのエンジニア / デザイナーとのマッチングサービスです。

IT分野で特出した経験・スキルを持ったCTO経験者、現役CTOなど、プロフェッショナル人材が数多くご在籍しています。

初期費用はかからず、必要な時に必要なだけ活用でき、稼働した時間やミッションに合わせて、価格も柔軟に変動費としてご利用いただくことが出来ます。

業務委託契約で、CTOや技術顧問、開発エンジニアやデザイナーをご紹介するという本来のサービスに加え、転職をしたいという正規雇用をメインとした「flexy select」というサービスを今年リリースしたのでご紹介します。

CTOの新しい転職の形 〜紹介予定技術顧問 “flexy select”〜

CTO採用を成功させるためには?

まず、CTOの採用を成功させるためには、自社に必要なCTOの役割を明確化する必要があります。

CIOやCTOといった、企業のテクノロジー分野を牽引する技術統括責任者の役割は、業務内容は会社のフェーズによって大きく違います。
技術を統括する責任者として、技術的負債を生まないためにビジネスサイドとのコミュニケーションを円滑に取りながら、サービスのグロースや社内のIT化の促進を進めていくビジネス幹部のポジションです。

創業期のCTOに求められるものは、自らシステムを開発するハンズオン

創業期のCTOであればコーディングをしたいという思考性でハンズオンでシステムを構築することを求められるケースが多いです。
創業期は事業の土台を作るためのマネタイズすることが優先となるため、自社プロダクトサービス設計からリリース、社内のシステムの構築など、自社のIT投資をどこにするのか?ということを考え実行する必要があります。

また事業の拡大のマイルストーンを逆算して採用計画を立て、エンジニア組織のゼロからイチのフェーズの立ち上げを構築が出来る能力が必要になります。

成長期のCTOに求められるものはアーキテクチャ / マネジメント

成長期のCTOになるとコードを書くのは役割の一つになり、アーキテクチャーとして育成や開発プロセスなど、臨機応変に成果が出せる人が必要になります。

大手企業のCTOに求められるものはプロダクトオーナー目線

大手企業のCTOは、サービスが複数ある場合は各プロダクトオーナーやサイトオーナーをまとめるマネジメント能力も問われます。自社の技術ブランディングをし、採用強化をしながら、業務委託エンジニアや外部のベンダーへの業務の割り振りにも責任を持ち、組織作りの力が必要になります。

いずれの場合も、CTOとは技術面での知識が豊富で、事業に対して成果を出すテクノロジーを駆使出来る方のことを指します。
事業が成り立つからこその”技術統括”であることを理解して、ビジネスサイドの経営者と共に結果を出すことに並走する必要があります。また組織規模が変化するフェーズによっても最大限の技術バリューを出せるか、コスト面も鑑みて技術的負債を生まないように、IT全体をアジャストする柔軟性が求められます。

元々はエンジニアとして実績を積んできた経験がある方が多いため、経験としてインフラに強い方フロントエンドの経験が長い方マネージメントに長けた方グローバルの経験があるCTO、などそれぞれのCTOには得意分野があります。

御社のフェーズに合わせて適切な方をコンサルティングし、ご紹介させていただきます。

flexy selectとは、「業務委託を経て、正式採用できる」CTOクラス技術者紹介サービス


flexy select(フレキシー・セレクト)CTOクラス(VPoE、テックリード、プロデューサー、情報システム含む)と数ヶ月間業務委託でお付き合いさせていただき、両者問題なければ正社員で正式採用できるCTOクラス技術者の紹介サービスです。

技術的課題を抱えた組織は、長年、

● どういう人を雇えばいいのかわからない
● パフォーマンスを出してくれるのか不安
● 組織にマッチするのか心配

などの課題を抱えてきました。flexy selectはこれを解決します。技術的課題を抱えた企業とプロフェッショナル人材のマッチングを促します。

企業とプロフェッショナル人材とのマッチングサービス、flexy select のメリット

メリット1. CTO候補の意思をしっかり確認できる

CTOとして経営陣と目線を合わせられるかどうか。採用前提で業務委託期間の中で採用可否の判断が可能です。組織が目指したい未来図を、共にできるかどうか。将来のCTO候補の意思をしっかりと確認できます。

メリット2. 人物マッチングするかどうか見極められる

スキルやお人柄が自社のIT戦略を担うCTOとして適切であるか、お互いの人物としての相性を見極められる期間があります。

メリット3. スキルマッチングするかどうか見極められる

業務委託期間が入るため、技術・スキル面でのすり合わせも可能。正社員雇用や経営陣の一員として迎え入れるための見極めが適切に行えます。

「flexy select」は、たとえ求職者側に採用を希望する意向があったとしても、直接雇用する前に業務委託契約期間が入ります。双方ミスマッチがないという点が魅力です。

flexy select ご利用の流れ

このような流れでflexy selectをご利用可能です。 flexyselectの流れ
CTOについてより詳しく知りたい方は、flexy主催で行われたCTO meet up イベントレポート記事を是非ご覧ください!日本のIT業界を牽引するCTOたちが登壇者として、語ってくださいました。

【CTOmeetup】CTOに求められる能力と限界(前編)
~CTOの定義、役割、重視すべきポイントとは~


【CTOmeetup】CTOに求められる能力と限界(後編)
~事業フェーズに合わせてコミットするCTOの共通点を探る~

事業のスケールのためには、社内外問わず、IT活用が不可欠な昨今。まずは御社のフェーズに必要なCTO人材の能力とスキル面をご提案をさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

CTOと共に歩む成長戦略と「flexy select」(業務委託プラス直接の正社員雇用)について
もっと話を聞きたい方は、お問い合わせください!
お問い合わせフォーム メールでのご希望はflexy@circu.co.jpにご連絡をお願いします。

お仕事をお探しの方(無料登録)
法人の方(IT課題の相談)