(後編)【CTO meetup】体制・意識ともに、技術顧問をきちんと企業に”組み込む”ことが重要

2016年3月17日(木)、目黒にある株式会社Viibarのオフィスにて、flexy関連イベントとして「Ex-CTO meetup」が開催されました。

今回は第1回ということで、CTO/Ex-CTOとは何なのか?どう関わればいいのか? にフォーカスを当て、4名のCTO経験者にご登壇頂き、エピソードを交えながら赤裸々に語って頂きました。

※前編はコチラから
※中編はコチラから

《パネラー》

橋本 善久(はしもと よしひさ)氏

リブセント・イノベーションズ 代表取締役、ライフイズテック株式会社 取締役CTO

堀内 康弘(ほりうち やすひろ)氏

モビンギ株式会社 co-founder、株式会社LiB 社外取締役

是澤 太志(これさわ ふとし)氏

株式会社Speeeエンジニアマネジメント責任者 兼 エンジニア採用責任者

田邊 賢司(たなべ けんじ)氏

株式会社wizpra CTO、株式会社サーキュレーション 技術顧問

技術顧問は、稼働時間ではなく「じぶんごと」としてコミットする姿勢が重要

田邊 賢司氏(以下、田邊): 技術顧問をしている、もしくは依頼しているというところで、実際にどういう方が入っていて、どんなことをやってもらっているのかでいうとどうでしょうか?

堀内 康弘氏(以下、堀内): 僕が技術顧問っていう名前で何をやっていたかでいうと、関わる会社の規模にもよると思うんですが、スタートアップを立ち上げた当初の数名の会社とか、エンジニアがいない会社とか、それぐらいの会社が多くてですね。そういうところでは採用面接をしてくれとか、あとはもう手は動かさずに、採用するときにどういうことを気にしていましたかっていう過去の経験からアドバイスをしたり、ということをやってましたね。

田邊: 橋本さんの場合はいかかがでしょうか?

橋本 善久氏(以下、橋本): 種類がいろいろあって、やってる相手によって全部変えてるんですけど、場合によってはプロジェクトの工数管理表とかを見て、足りないパートを指摘したり、ゲーム屋をやっていたので、グラフィックスのこと全くわからないって会社さんがあったときに、”いろは”からポリゴンとは、とかそういう講座をするところから始まることもあれば、マネジメントの話をしたりとか、相手によってできることを提供できそうだったらやりますよって感じですかね。

逆に依頼するときってのは自分たちに不足しているのは何かってのを認識した上で、足りないところを相談しながら決めていくというか、あと人として信頼できるかどうか、そのプロダクトやサービスを自分ごととして思ってやってくれるかどうかは大切ですね。 結構、他人事で関わられてしまうとお互い不幸なので、ちゃんとそのプロダクトやビジョンに共感してやってくれる人にはお願いしたいという感じですね。

是澤 太志氏(以下、是澤): 僕自身は顧問は経営者のメンターの側面が強いなと思うようになりました。要は壁打ち相手ですよね。例えばエンジニアやデザイナーとのやり取りをみてフィードバックしたり、この本読んでくださいって本渡したりもしますし。

他にはマーケティング用にデータが欲しいといわれてクロールしてデータ集めたりとかも。自作のクローラーフレームワークがあって、さくっとできちゃうので(笑)。あとは週末にRubyでコード書いてコミットしてたりと開発の手伝いをすることもあります。

田邊: 技術顧問を依頼する方では、どういう人に入ってもらっていて、どんなことをやってもらっていますか?

是澤: Speeeでは元クックパッド技術部長の井原さんに開発部顧問で入ってもらっています。井原さんにはうちのエンジニアの組織にかなり深く関わってもらっていて、経営陣とも蜜にコミュニケーションをとってもらっていて、技術戦略の根幹までアドバイスしてもらっています。採用では面接にも出てもらっています。やっぱり多くの経験を積まれてきていて、僕らが持っていない圧倒的な強みを持った方なので、もう限界まで協力してください!みたいな感じでがっつり入ってもらってます。僕としては本当にうちのCTOになって欲しいなぐらいの感じですけど(笑)

エンジニアは井原さんをリスペクトしてますし、エンジニア以外の社員も井原さんのことを好きって方はすごく多いですね。 顧問で入っていただいて、憧れの存在としてリスペクトが生まれているのはいい傾向だなと思います。

技術顧問で入っていただいているMatzさんにしてもそうなんですけど、オフィスに来て勉強会で話してくれて、若いエンジニアにMatzさん自身のご経験や思想・考え方を伝えてくれるっていうのは、視点や視座があがってすごいありがたいですね。普通だと言語を生み出して世界的に活躍してる凄い経験の方の話をきけて、コミュニケーションをとれる機会はお金を払ってでも経験できないと思うので。

Viibar社の雰囲気のいいオフィスで、リラックスした空気が流れる。

経営層も現場も、きちんと巻き込んでいける体制を築けるかが、技術顧問活用の肝

田邊: 次の質問なんですが、技術顧問とどう関わっていくべきかとか、もっとこうしたほうがいいとか、今はこうしてるけどこうしたいとかありますか?

是澤: 顧問の方に対して、経営陣ががっつり関わってもらっているのはありがたく、やっぱりそれは大事かなと。経営陣の考えをちゃんと伝えてるからこそ、顧問の方が理解した上で関わってくれて結果が出てるというのがあります。だから経営陣はまず関わらなきゃいけないなってところですね。そしてもちろん、現場のエンジニアにも関わってもらわなければいけない。そこに対して顧問の方にも時間を割いてもらうことが重要だと思います。

そうやってお互いの理解を踏まえたうえで方針を決め、一旦誰かの基準に合わせるということをしなければいけない。じゃあそのとき誰の基準の合わせるのかっていうと、一番すごいやつの基準に合わせるべきで、それが顧問の方の基準にあわせた方がよい成果はでますよね。うちでいうと井原さんの基準を経営陣や僕達エンジニア陣が理解するのがより大きな成果を出すために大事でした。

田邊: では割と是澤さんとだけ話すのではなくて、他の経営メンバーも入れて、関わるというかんじなんですか?

是澤: そうですね。経営陣が井原さんとコミュニケーションを蜜にしてくれているので、僕はどちらかというとその流れで出てきたものを戦略・戦術として描き、活かしていくことを重要に思って動いています。Speeeを理解し、文化を知り、エンジニアリングを知り、Speeeで働いているみんなの為になることをやるのが僕の役割だと思っているので、違和感を感じたら逆に意見を言ったりもします。僕は顧問の方が組織に対して成果をだせるように推進するところに対して一番気を払っているって役割ですかね

田邊: 他には何か技術顧問との関わり方で注意すべき点などはありますか?

橋本: アドバイスする側からの視点としては、「アドバイザーにお腹を見せる」というのは大切だと思います。なにかしら課題や相談事があるから呼ばれているわけなので、そこで情報を変に整えて伝えようとかしない方がいい。アドバイザーや顧問にはあるがままを触れさせる方がいいです。ありがちなのは「まだ準備が出来てないので、会議を延期してもらっていいですか?」というパターン。準備とか途中でいいから、あるがままで触れ合う。

そして、他に重要なのは「アドバイスされたことをちゃんと咀嚼して実行する」ことです。これが実はクライアント側にとってもアドバイザー側にとっても結構難易度が高い。基本組織の課題って生活習慣病みたいなもので、そのチームにしかない特殊な何かというよりは、どこにでもある基礎的な事がやれていない事の方が多い。でも例えば太っている人がいたとして「食事はほどほどに」「運動しましょう」という当然の事が必要ですから、それをアドバイスしたとしても、しみついた習慣ですから簡単には直せない。それをあの手この手で導いて痩せてもらうような難しさがアドバイザーや顧問にはあるのかなと思います。

アドバイザーや顧問を頼む際は頼む側の強い覚悟も必要なのではないかなと思います。「ライザップに行くぞ!」って時はかなり気合入れないとできないと思うんです。でも「技術顧問を呼べばどうにかなるんじゃないか」とか淡い期待だけが先行すると多分うまく行かないのではないかと思います。

堀内: 技術顧問ってその人が持っている経験とかスキルとかを決められた時間でお金払って素早く手に入れるっていうそういう側面があると思うんですね。なのでCTOやってて経験ありそうだからちょっと相談乗ってくださいよ、それが目的を明確にするとお互いにハッピーになれるんじゃないかていうか。

例えばCTOの人が悩んでいるので壁打ちして欲しいんですよねっていうのも一つの目的で、そういう目的をはっきりするといいかなと思いますね。

田邊: 顧問側からも打ち合わせ時にアジェンダを出していくのも大事なのかもしれませんが、そこはどうでしょうか?

堀内: でも顧問側からだと出したものが会社の求めているものと違っていく場合もあるので、もっと会社側からピンポイントでアドバイスください、みたいな感じだといいんじゃないかなと思います。逆に言うと必要ないなと思ったら、もういいんでと優しく言ってもらえるといいと思いますね。

是澤: 気軽に相談できるっていうのは大事だと思います。slackとかchatworkとかで、いつでもだれでも話しかけられる状況を作っていくであったり、空き時間にいかに関わるかっていうのは顧問として大事かなぁっていう風に思ってますね。

田邊: 皆さん、貴重なお話ありがとうございました。

(おわり)

CTO/Ex-CTO向けサービス「flexy

記事作成:村上 亮太・松井 優作
撮影/高瀬 亜希


この記事を書いた人
flexy編集部
flexy編集部
ハイスキルIT人材への案件紹介サービス
サーキュレーションが運営するフリーランスのエンジニアを中心としたIT人材の案件紹介サービスflexy。エンジニアに役立つコンテンツも提供しています。flexyのサービス詳細はこちら

週1日~/リモートの案件に興味はありませんか?

週1日~/リモートの関わり方で、「開発案件」や「企業のIT化や設計のアドバザリーなどの技術顧問案件」を受けてみませんか?副業をしたい、独立して個人で仕事を受けたエンジニア・デザイナー・PM・技術顧問の皆様のお仕事探し支援サービスがあります。

お仕事をお探しの方へ

お仕事をお探しの方(無料登録)
法人の方(IT課題の相談)