独立したいサーバーサイドエンジニアが今身に付けるべきスキルとは?

エンジニア向け案件の中でも引く手あまたである、サーバーサイドエンジニア。

幅広い知識が必要な一方で、ユーザーから見えない部分を担当しているために実務のイメージがなかなかわきにくい職種でもあります。

サーバーサイドエンジニアの仕事内容や、求められるスキル、まだ経験の浅いエンジニアがフリーランスや業務委託エンジニアとして独立するための勉強方法をご紹介します。

サーバーサイドエンジニアとは?

サーバーサイドエンジニアとは、サービスの一連の流れのうち、サーバー側で行う処理で必要なプログラムの開発、データの管理などを行う職種です。

似た職種に、バックエンドエンジニアがあります。バックエンドエンジニアもサーバーサイドエンジニアと業務内容は同様です。厳密には、バックエンドエンジニアはWebに特化したエンジニア、サーバーサイドエンジニアはWebも含めた情報システム全般のエンジニア、と使い分けされています。

サーバーサイドエンジニアの仕事内容

サーバーサイドエンジニアの業務は多様ですが、主に下記のようなものがあります。

サーバーサイドのシステム開発

新規開発では、要件定義やシステム設計、開発、テストを行います。システム稼働後の既存システムの追加開発や、稼働中のシステムの不具合対応もサーバーサイドエンジニアの範疇です。

外部システム・データベースとの連携

サーバーサイドの処理の流れは大まかに、ユーザーが入力したデータを基に、APIやデータベースなどと連携して実行するというものです。したがってAPIの調査・選定もサーバーサイドエンジニアの業務となるほか、案件によってはデータベースの管理も行うケースがあります。

サーバーの環境構築、バージョンアップ

案件によっては、サーバーの設計や手配、設定といったインフラエンジニアの範疇の業務を、サーバーサイドエンジニアが行うこともあります。その場合はOSやソフトウェアの更新も行うことになるでしょう。

その他

ほかにも対応範囲は幅広く、適切なソフトウェアの調査やセキュリティ対策などがあります。


■過去にFLEXYでご紹介したフリーランス向けサーバーサイド案件

– すぐ働けるフリーランス向け案件【データ/金融/不動産】サーバーサイド〜インフラ、イノベーション開発!
https://flxy.jp/article/7849

– フリーランス向けお勧め求人案件〜業界をリードするスタートアップ企業特集(サーバーサイド)
https://flxy.jp/article/16581

サーバーサイドエンジニアに求められる技術・スキル

サーバーサイドエンジニアには、サーバーサイドで用いるプログラミング言語の知識はもちろんのこと、言語ごとのフレームワーク、データベースやOSの知識も必要です。

サーバーサイドエンジニアに求められる主な技術をご紹介します。


■サーバーサイドエンジニアとして読んでおきたいお勧め記事

攻めのサーバーサイド戦略!技術トレンドの実態に迫る
https://flxy.jp/article/16218

プログラミング言語

サーバーサイドの言語として、Java、C、C++、PHP、Ruby、Python、JavaScript(Node.js)などが挙げられます。またGo言語は、案件の数は多くないもののエンジニアが学びたい言語として注目されています。

HTML、CSSは主にフロントエンドで利用する言語ですが、サーバーサイドエンジニアとフロントエンドエンジニアが連携して開発を進めるケースもあるため、素早い情報共有のためには習得しておくとベターです。

開発フレームワーク

プログラミング言語ごとに、開発をより簡易にするためのフレームワークがあります。案件を探す際は、募集要項にその会社が使っているフレームワークが記載されている場合も多くあるので、代表的なフレームワークの知識は押さえておくとよいでしょう。

言語ごとの主なフレームワークは下記の通りです。

Ruby: Ruby on Rails、Sinatra
PHP: Laravel、CakePHP
Python: Django、Flask
Java: Spring Framework、Play Framework

データベース

データベースとして有名なものは、MySQL、Oracle、SQL serverです。

データベースについては技術のほかに、データ保護の意識も必要となります。顧客の個人情報を扱う機会が多いため、データ管理には常に細心の注意を払うことを忘れないでおきたいところです。

OS

OSの知識も必要です。Windows、Macのほか、Web開発ではLinuxも利用されています。

その他の知識

Web開発なら通信プロトコル、クッキーなどWeb関連の知識、WebサーバーのApacheやNginxなどの知識も必要になってきます。

またクラウドサービスを利用する場合は、AWSやGCPなどクラウドサービスに関する知識も必要です。

問題解決能力・コミュニケーション能力

システムの不具合など問題が発生した場合は、サーバーサイドエンジニアが原因をいち早く突き止め対処することになります。また客先の要望を満たし、かつ不具合のないシステムをつくるためには、開発メンバーやプロジェクトリーダーなどとも密に情報共有をしなければなりません。

サーバーサイドエンジニアには技術だけでなく、問題解決能力・コミュニケーション能力が必要不可欠なのです。

サーバーサイドエンジニアの案件の傾向

サーバーサイドエンジニアの案件は、未経験OKのものもゼロではありませんが、基本的には一定の経験年数が求められる傾向にあります。

ただし、比較的新しい技術の案件の場合はそもそも経験者が少ないため、その他の技術での開発経験があればOKとなるケースも多いです。

また最近では、フルリモートの案件が増加中です。Microsoft TeamsやSlack、Zoomなどのツールを使ってのコミュニケーション能力が求められます。


■フルリモート(在宅)案件の動向がわかる記事

在宅フリーランスエンジニアに追い風!案件の傾向と働き方のポイント
https://flxy.jp/article/17585

フロントエンドエンジニアも兼務できる人材が貴重

Webサービスやモバイルアプリにおいて、ユーザーが操作する部分の開発を担うのが、フロントエンドエンジニアです。報酬のみで言えば、フロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアを比較すると、サーバーサイドエンジニアの方が高い傾向にあります。

ただし特に小規模な案件やスタートアップ企業では、フロントエンドもサーバーサイドも開発ができる、いわゆるフルスタックな人材を募集している案件が散見されます。今後報酬アップを目指して両方こなせるエンジニアになることも、キャリアパスのひとつとなるでしょう。


■過去にご紹介したフリーランス向けサーバーサイド案件

【FLEXY案件】フロントエンド&サーバーサイド両手型案件
https://flxy.jp/article/16699

サーバーサイドエンジニアの勉強方法

サーバーサイドエンジニアは学習環境が豊富にそろっています。案件獲得のためには最低でも、プログラミング、データベース、ネットワークの知識は習得しておきたいところです。

学習のためには、以下のような方法があります。

技術力やマインドを学ぶテックイベントに参加

テック系のイベントに参加して、現在の技術の動向を把握し続けることで知識を吸収できます。昨今ですとオンラインで配信する無料イベントも増え、地方からも気軽に参加できます。


■お勧めのイベント情報:
https://flexy.connpass.com/

開発を実際に行う

実際の開発経験の有無が案件の獲得に大きく左右します。豊富な知識と経験を持つハイスペックエンジニアは多数の案件から自身の希望案件を選ぶことができます。

Webサービスやアプリを実際に開発すると、開発の一連の流れを習得でき、フルリモートの案件に入った時も自身で課題解決ができるので困ることがありません。さまざまな案件に入ることにより経験の幅が増え、開発や不具合対応を経て、プログラミング技術のみならず、問題が起きたらどのように対処すればよいのかを学ぶことができるでしょう。

スクールやオンライン講座で知識を習得

こちらはほぼ未経験向けとなりますが、プログラミングなど情報通信に関わるスクールに通うのが、選択肢のひとつです。データベースやOSなど、幅広く最新の知識を得ることができます。

またインターネットを通じて講師から指導を受けられるオンライン講座や、無料の学習用動画もあります。書籍や資料と合わせて学習することで、より理解を深められるでしょう。

ただIT業界は、技術の変化のスピードが速いものです。経験年数に関わらず、保持している知識をアップデートし続ける意識は持っておきたいところです。

まとめ

サーバーサイドエンジニアは業務の範囲が幅広く、多彩な技術・知識が求められます。一朝一夕で必要なスキルを身に付けられるとは限りませんが、難しさがある反面やりがいもあるのも確かです。

一方でサーバーサイドエンジニアになるための学習環境は整っており、複数の方法から選べます。フリーランスや、他の職種からのキャリアチェンジを考えている人は、さまざまな案件に対応できるサーバーサイドエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか?


■フリーランスになるには?絶対に知っておきたい「フリーランスになるために必要な準備や手続き」を解説
https://flxy.jp/article/9987

■フリーランスエンジニアの案件探しの方法!知っておきたい案件獲得のための知識
https://flxy.jp/article/20458

■厳選7社!フリーランスエンジニアに強いエージェントを紹介
https://flxy.jp/article/3211




企画/編集:FLEXY編集部


この記事を書いた人
FLEXY編集部
FLEXY編集部
ハイスキルIT人材への案件紹介サービス
FLEXYメディアは、テックメディアとしてテクノロジーの推進に役立つコンテンツを提供しています。FLEXYメディアを運営するのは、ITに関連するプロシェアリングサービスを提供するFLEXY。経営課題をITで解決するためのCTOや技術顧問、エンジニアやデザイナーと企業を繋いでいます。

週1日~/リモートの案件に興味はありませんか?

週1日~/リモートの関わり方で、「開発案件」や「企業のIT化や設計のアドバザリーなどの技術顧問案件」を受けてみませんか?副業をしたい、独立して個人で仕事を受けたエンジニア・デザイナー・PM・技術顧問の皆様のお仕事探し支援サービスがあります。

FLEXYでご案内できる業務委託案件

業務委託契約・開発案件

テーマ 案件はFLEXYに登録後、コンサルタントからご紹介します
勤務日数 2〜3日/週
報酬 4万円/日
必要スキル JavaScript・React
勤務地 東京都内 / フルリモート
リモート 週1日のオンラインMTG・リモート

外部CTO、技術顧問案件

テーマ 技術アドバイザリーとして知見と経験を生かす(FLEXY登録後に詳細のご紹介)
勤務日数 1日/週
報酬 5〜10万円/日
必要スキル エンジニア組織立ち上げや統括のご経験、コードレビュー経験、技術的なアドバイスが出来る方
勤務地 東京都内 / フルリモート
リモート フルリモート

インフラエンジニア(業務委託契約)

テーマ 案件はFLEXYに登録後、コンサルタントからご紹介します
勤務日数 2〜3日/週
報酬 5万円/日
必要スキル それぞれの案件により異なります
勤務地 東京
リモート 相談可

業務委託・フロントエンドエンジニア

テーマ 案件はFLEXYに登録後、コンサルタントからご紹介します
勤務日数 週2日〜
報酬 5万/日
必要スキル それぞれの案件により異なります
勤務地 東京
リモート リモートと常駐のMIXなど

技術アドバイザリー案件

テーマ CTO、技術顧問案件はFLEXYに登録後、案件をコンサルタントからご紹介します
勤務日数 週1日
報酬 5万以上/日
必要スキル CTOとして活躍可能な方、エンジニア組織のマネージメント経験
勤務地 東京
リモート 最初は業務委託契約で週3日などご要望に合わせます

業務委託契約・サーバサイドエンジニア

テーマ CTO、技術顧問案件はFLEXYに登録後、案件をコンサルタントからご紹介します
勤務日数 週2〜3日
報酬 案件により異なります
必要スキル 案件により異なります
勤務地 東京都内
リモート 相談可能
個人登録

お仕事をお探しの方(無料登録)
法人の方(IT課題の相談)